Twitterまとめ 『カバール』   

皆さんはセキルバーグ氏が紹介した米ドル札の秘密はご存じですか?お札を飛行機型に折ることで、911の際のビルが崩れ落ちる様子が金種別に現れるというものです。これは寒気がする程の事実ですがこのような魔術を操る存在が実際に世界を支配していたのです。そして今彼らはその支配力を失いました。

ロンドンオリンピックの気色の悪いマスコットは覚えていますか?時代がスピリチュアルに向かおうとしている今、第三の目の開いた三つ目のキャラクターで覚醒を促そうと言うのならまだ話がわかりますが、どうして妖怪もどきの一つ目のキャラクターが世を喧伝する必要があったのでしょう。

最近は多くの方がその名前を耳にしていると思いますがこれはイルミナティ、もっとちゃんと言うとイルミナティやフリーメーソンを下部組織として従えるカバール(CABAL)の仕業です。カバールはジェスイット(イエズス会)をその中核として世界支配のためにあらゆる不正を行ってきました。

カバールは世界中の銀行、企業そして政府をその傘下に仕立て上げ自らの支配力を強化し続けました。ロスチャイルドと呼ばれる家系は彼らの集金を担当する者です。彼らが目指すのは永遠の地球支配です。そのために彼らは、彼らを養うに足る数億の人間を残し後は殺害する計画を立てました

NWO(新世界秩序)と呼ばれる戦略は、この永遠の支配を現実化するために彼らが打ち立てたものです。その戦略の延長線上に第三次世界大戦があります。大核戦争を起こし人類の90%以上を殺害しようとした狂気の計画は、ある理由によって見事に頓挫しました。その理由とは人々の祈りです。

満足な収入を得て消費生活を疑い無く満喫する僕たちにはそのような祈りがあったとは到底理解できませんが、カバールにこれ以上ない程蹂躙されてきた地域の人々の間には、世界の抜本的な変革を求める祈りが確かに存在したのです。この祈りを行う者の数が臨界値に達したのです。100匹目の猿現象です

カバールの背後にはレプティリアンと呼ばれる異星人の存在があります。レプティリアンとは爬虫類型生命体、別名「龍」と呼ばれます。四次元領域に住むこの存在は下次元である三次元領域を自由に操ります。勘違いしないで欲しいのはどのような存在にも善と悪の両方の側面が存在するという事実です。

善の龍は僕たちを高次元に誘いますが、悪の龍は僕たちを低次元に押し留めようとします。最も有名なのはイブにリンゴを食べさせた蛇の例です。あの比喩はレプティリアンが僕たち人類を三次元に押し留める事に成功した史実を語っています。それ以来僕たちは三次元への転生を余儀なくされました。

カバールは社会の構造をカルマを産みやすいものへと変革し、それにより僕たちに不要なカルマを背負わせて三次元からの解放を難しくしてきました。偉大な魂である釈迦はその事実を指摘し、少しでも多くの人間の高次元への帰還を試みましたが、人類全ての解脱にはまだ至りません。

宇宙には四次元を遥かに越える高次元生命体が多数存在するにも関わらず、なぜ人類は三次元に取り残されたままなのでしょう。それには理由があります。四次元とは想念の世界でありそこには宇宙最大の狡猾さという現象が存在します。その現象を越えるためにこの試練が存在しています。

僕たちの住む太陽系の五次元以上の領域は愛に支配されているに関わらず、四次元以下は愛ではないものに支配されています。この反転現象が正常に戻された時、宇宙はその全てを愛の支配に委ねる事になります。そういう意味では、地球は宇宙の中の愛に統合されていない部分の象徴と言えます。

この地球が悪の支配から脱出し愛に目覚める事で、宇宙は愛に全てが統合された真の姿を現します。この宇宙的解脱の姿こそが神の本質であり、僕たちが長い歴史の間に試練を繰り返してでも到達しようとしてきた境地です。この境地への到達がいよいよ間近に迫っています。

最も狡猾な者は洗脳により支配を行います。一度洗脳してしまえば被支配者は勝手に支配者の望むままに動いてくれるからです。この洗脳から解放されるためには自身を疑う程の体験が必要になりますが、カバールがその力を失いつつある今、僕たちはこの体験に出会う可能性が非常に高まっています。

それは政府やメディア、大企業など僕たちが盲目的に信頼してきた存在への疑いという形で現れます。カバールが力を保っていた世界では、更に洗脳を深めるための戦略がその都度実行されてきたため洗脳を脱するまでには至りませんでしたが、何度も伝えるようにカバールはその力を失っています。

カバールに対する疑いという気付きが、歯止めを失った事によりこれからの世を席巻します。カバールにしてみればこれはただの死ではなく愛に統合される「宇宙からの排除」となるため、その抵抗は死に物狂いとなります。しかし未来を見通す上次元は現タイムライン上に地球の成功をはっきりと見ています。

まずはカバールが力を失ったという事実を知って下さい。カバールは第三次世界大戦の発動を焦るあまり様々なミスを犯しました。ハルマゲドンで世界が無茶苦茶になると信じて、これ以上ないほどの非人間的な行為を堂々と繰り返しましたが、今その全ての責任を取らされようとしています。

カバールの中にはその過ちを認め改心しようとする者も大勢います。彼らの改心が地球の変革に大きなエネルギーを与えると言っても過言ではありません。宇宙が進化するためにはどうしても善悪の二元性を越える作業が必要でカバールはこの宇宙的変革の負の側面を請け負ってくれていたと言う事もできます。

カバールの行ってきた負の側面をまともに聞いたら必ずショック死する人が現れます。しかし地球の真の歴史を知るためには、避けて通れない点でもあります。これらの秘密は人々の許容する範囲で少しづつ明らかにされていきます。同時にカバールによって隠蔽された技術や真実の情報も明らかにされます。

これらの技術や真実の情報は、人類全体の病を癒し地球を本来あるべき姿に回復させる事ができます。ストレスの全くない生活を容易く実現する事ができます。これは決して夢物語ではなく、驚くほど間近に迫る現実の姿なのです。その証拠はまばらではありますがあちこちに見る事ができます。

カバールの死に物狂いの抵抗に惑わされないように。カバールの支配するメディアがどのような悲惨な状況を伝えようと世界は確実に神に歓迎される新しい世へと向かっています。人類全てにとっての平和が今まさに手の届く距離に現れています。必要なのはそこに手を伸ばそうとする僕たちの意志のみです。

愛に向かいましょう。絶望に見えるこの時にこそ愛に向かいましょう。そのためにとてつもない勇気を必要とする事はわかっています。間違った方向へ向かっているのではないかという疑いとの戦いにこてんぱんにされる事はわかっています。でもそれでも僕たちは愛に向かいます。そこがゴールだからです。

カバールの魔術から解放される瞬間がいよいよ近づいています。その魔術は世に関心を持たないという条件で僕たちに力を与えてくれました。今度は本物の魔法に出会う番です。その魔法は全ての人間に恩恵を与えしかも効力は永遠です。その名は神、人類が神に出会う日がすぐそこまで来ています。Love
[PR]

by tenpapa2013 | 2013-11-29 03:14 | 世界平和

<< Twitterまとめ 『高次元存在』 幸せな生き方 >>