異次元存在について   

異次元存在について話をする前に、まず次元について説明をします。

僕たちは学校で線は一次元、面は二次元そして立体が三次元と習いました。

一本の線に直角に交わるように線を引くと十字になります。十字というのは面ですね。

次に十字という面に対して直角に交わるように線を引くと今度はコマのような立体が生まれます。

このように、ある存在が直交方向に自由度を広げる事を「次元が上がる」と言います。

次に四次元を考えてみます。





例えば三次元立体である球体が直交方向に自由度を広げるとした場合、球体の中心部から360度の全方向に向けての広がりと、球体の中心部へ向けての360度方向からの収縮が、次元が上がる事によって得られる自由度の描写であると予想できます。

これは物体がその大きさを自由に変える事を意味します。

物体が自由に大きさを変えるという事は、距離が自由に変わるという事でもあります。

そして距離が自由に変わるという事は、時間も自由に変わるという事でもあります。

タイムマシンとどこでもドアで時空を操るドラえもんが、四次元ポケットから想像しうる全ての道具を取り出すように、時空が自由度を持つ四次元とは、想像する全てのものが存在する世界つまり想念の世界の事なのです。


次に次元の認識について考えてみます。

例えば、一枚の紙に二人の人間の絵が描いてあるとします。

一枚の紙の上に存在するこの両者はお互いを線としてしか認識できません。

相手を人間の姿として認識するには、その紙から抜け出て立体の位置からの視点で相手を見なければなりません。

この事は、何かをある次元のものとして認識するには、自らはその上位次元に存在する必要がある事を意味します。

僕たちは、今いるこの次元を三次元として認識しています。

つまり僕たちは、三次元の上位である四次元から三次元世界を覗き込んでいるという描写が本来正しいのです。

スポーツ選手はイメージトレーニングを行って想像する自分になろうとしますが、スポーツ選手に限らず全ての人間存在はみな四次元存在としての本性、つまり想像を三次元化する能力を持っています。

想像するものをこの三次元世界に自由に創造する事こそが、本来の僕たちの在り方なのです。


それではなぜ僕たちはそのような能力を発揮できずにいるのでしょう。

四次元とは想念の世界ですが、想念には良いものと悪いものがあります。

実際にそれは振動数の高低で現されます。

振動数の高い想念とは、愛や感謝など肯定的な感情を伴うものです。

対して振動数の低い想念とは、恐怖や恨みなど否定的な感情を伴うものです。

この振動数の低い四次元の事を低層四次元と呼びますが、この領域に好んで棲む存在たちがいます。

レプティリアン、もっとちゃんと言うと低層四次元に棲むレプティリアンたちです。

振動数の低い想念体である彼らは、その領域に宇宙の全てを引き込む事を計画しました。

そして想像しうる最も狡猾な手段によって、この地球を一時期我が物にする事に成功しました。

彼らは王様や権力者など世界に影響力を持つ者たちに取り憑き、自らの望む支配構造を世に浸透させていきました。

彼らの究極の望みは、占領の期間の切れるその時までに人類の全てを洗脳し、レプティリアンによる支配を望む意思を人類に持たせる事です。

そのために彼らはありとあらゆる策謀を画策しました。

僕たちが、想像するものを自由に創造できなくするための色々な仕掛けがなされました。

その策謀の中でも最も影響力のあるツールがテレビです。

テレビとはスクリーンです。そしてスクリーンとは二次元です。

レプティリアンは、テレビの世界が本当であると思い込ませる事で、僕たちをより低次元に押し留めようとしました。

人類を永遠に支配するための策謀は、ありとあらゆる分野において進められてきましたが、神の計画を変更するまでには至らなかったようです。

というよりも、神にとってはこのようなレプティリアンの所業も、闇を光へと転換させるという宇宙の進化のプロセスでしかなかったのですね。

レプティリアンが狡猾な手段で勝ち取った地球占領の期限は、西暦2013年で切れる事になっていました。

これに焦った彼らは911などで世に混乱を起こし、人類を恐怖に飲み込むための最後の賭けに出ましたが、結果人類の目覚めを急速に煽る事となりその賭けも予定通り失敗に終わりました。

そしてレプティリアンは今年の8月に地球から全員退去させられ、今はレプティリアンの後ろ楯を失ったカバールの最後のあがきを目にする事となっています。


僕たちは、なぜこのような壮大な物語に巻き込まれなければいけなかったのでしょう。

僕たちは決して意図せずこの物語に巻き込まれた訳ではありません。

地球が低層四次元による混乱を乗り越え、四次元から五次元に次元上昇するそのイベントに参加するために自ら志願してこの惑星にきたのです。

レプティリアンは僕たちを三次元地球内で転生させるために、ありとあらゆるカルマの種をこの地球に蒔きました。

そのカルマによって、僕たちはこの三次元地球への転生を余儀なくされました。

三次元は二元性の世界であります。

本来の自分を二分化しなくては、この三次元に存在する事はできません。

この事は過去の記憶を失う事を意味します。

しかしそれでも僕たちは地球に来る事を選びました。

イベントにより何を得るためにここへ来たか、理由は様々です。

ある魂は純粋に地球の助けになりたいと思ってここへ来ました。

またある魂は自らの成長のために、この惑星に来ることを選びました。

イベントをただチラリと覗くだけのつもりの魂もあるし、このイベントに乗じて一気に成長しようとしてやってきた若い魂もあります。

そういう魂は、障害の多い人生を選ぶようです。

いろいろな魂が様々な理由でここへ来ましたが、共通するのは地球を中心にして宇宙の闇が全て光へと反転するこの神の計画に自ら乗ったという事です。


さて、三次元から直交方向に自由度を広げた世界が想念の世界である四次元だと説明しました。

ではその上の五次元とはどういう描写になるのでしょう。

想念の世界は、想うものと想われるものによって成り立つ世界です。

そして五次元とは、想うものと想われるものの区別がなくなる世界、つまり自他一体の境地の事でしょう。

今まではレプティリアンによる闇の想念が、自他の同一化を難しくしてきました。

しかし地球と共に五次元への次元上昇を目指す魂たちは、ついに闇を乗り越えて自らの想念に自由度を持ち始める事に成功しました。

これから多くの魂たちが五次元へと向かいます。

そこは存在する全てが愛であり善である天使たちの世界です。

ここに入った僕たちは、更に上次元の存在たちに導かれながら、最終目的である神の次元に向けて更なる上昇を繰り返します。

そのための第一歩が五次元への次元上昇です。


僕たちはこれから次元上昇した存在たちに出会います。

これは地球における二元性、つまり闇を乗り越えた事の褒美のようなものです。

神の千年王国と聖書に語られるように、次元上昇後の僕たちは問題の全く存在しない平和に満ちた世を満喫する事になります。

そのための最後の浄化が今の世に起きています。

繰り返しますが、僕たちは善悪の存在する四次元までの次元を卒業し、天使世界である五次元に足を踏み入れようとしています。

そのための一歩として、異次元存在の情報がこれから公開されようとしています。

異次元存在について、その情報に耳を傾るようにして下さい。

異次元存在について知る事こそが、僕たちのこれから向かう世界を占う鍵となるのです。


Love
[PR]

by tenpapa2013 | 2013-12-25 01:15 | 宇宙人

<< Twitterまとめ『争いと社会』 Twitterまとめ『芸能界』 >>