僕はなぜムスリムになったか その9   

マレーシア行き


旅の行き先は、いろいろと検討した結果マレーシアへ行くことになりました。

イスラム教を国教とするマレーシアなら、最後の審判の話にも耳を傾けてくれる人がいるだろうと考えたからです。

アパートは、8月一杯で出て行く約束になっていました。

荷物は、一人につきリュックサック一個にまとめ、残りの家財は全て処分しましました。

8月も終わりに近付いた時、あるニュースが世間を賑わせました。

それは、福島原発の4号機で燃料棒の取り出しを始めるとのニュースです。

このニュースを知った僕は、行き先を福島に変更したいとアリちゃんに伝えました。

僕は、これから公開される医療技術をもってすれば被爆は必ず治癒されると信じていたし、放射能を除去する技術が存在することを福島の方に伝えれば、燃料棒の取り出し作業についても安心してもらえると思いました。

郡上を離れた僕たちは、一路福島へと向かいました。

福島では、まず飯舘村の役場を訪ね、そのあと南相馬のビジネスホテルに宿を取りました。

村役場で一人取次を行っていた女性、そしてホテルの受付にいた二人の女性は、現実離れしているととられても仕方のない僕の話に真剣に耳を傾けて下さいました。

その通りなら本当に嬉しいですと言って下さったことは、決して忘れられません。

ただ当時の現地は、除染バブルと言ってもいいほどの状況で、翌日以降の宿はおろかアパートを見つけることすらできませんでした。

郡上を離れる際には、飯舘村の村会議員に手紙を書き、朗報を伝えに行く旨を伝えていました。

僕は、僕たちの届ける朗報に耳を傾けて下さる方がたくさんいることを想定していたのですが、現実にはほとんど相手にされることがなく、数日の滞在で福島から引き返した僕たちは、当初の予定通りマレーシアへ行く意を固めました。

そして、2013年9月22日、僕たちはマレーシアの地に降り立ちます。
[PR]

by tenpapa2013 | 2014-11-09 22:33 | 世界平和

<< 僕はなぜムスリムになったか その10 僕はなぜムスリムになったか その8 >>