「What is Islam - イスラム教とは何か」   

Today, I will explain to Japanese people what about Islam again.

今日は、改めて日本の人にイスラム教とは何かを説明をします。

Islam is the teaching for devote to Creator.

イスラム教とは、創造主に帰依するための教えです。

The creator that Islam says, it is the entity who created all that exists in this universe.

イスラム教の言う創造主とは、この宇宙に存在する全てを創造した存在のことです。

And this entity is called Allah by Islam. It is the same entity which is called as Jehovah or Yahweh by Christian or Judaism.

この存在のことをイスラム教ではアッラーと呼びます。これは、キリスト教やユダヤ教の言うエホバそしてヤハウェと同じ存在です。

And Allah is the meaning of "God" by Arabic.

ちなみにアッラーとはアラビア語で「神」の意味です。

So what is the difference from Allah and God which Japanese know?

それでは、アッラーと日本人の知っている神様とは何が違うのでしょう?

An example, in Japan there is Sugawara Michizane who is believed as God of learning.

例を挙げます。日本には学問の神様と呼ばれる菅原道真公がいます。

Why he is worshiped by many people even now, it's probably everyone could believe that there is a divine favor.

彼が今も多くの人に参詣されるのは、彼がご利益を与えてくださると信じるからです。

He can fulfill the hope of those who worship, but it is in the range allowed by the Creator.

彼は確かに参詣者たちの望みを叶えることができますが、それは創造主に許される範囲においてです。

This is because, he who can perform "creation" that fulfill the hope of many worshipers is also one of the creation by Allah.

なぜなら、多くの人の望みを叶えるという「創造」を行える彼ですら、アッラーの創造物の一つだからです。

If it is not allowed in balance with other "creation", it is not possible to be performed any creation even if Sugawara Michizane does it.

もし他の「創造」との兼ね合いでそれが許されない場合は、例え菅原道真公と言えど「創造」を行うことはできません。

This applies to most of God which is enshrined in Japan.

これは日本で祀られているほとんどの神様に当てはまります。

In Islam, such as God are called Malaika (angel).

イスラム教では、このような神々は天使と呼ばれます。

It is meaning of messenger of Creator.

創造主(天)の使いという意味ですね。

There are a lot of Malaika in this universe Allah has created.

アッラーの創造したこの宇宙にはたくさんの天使たちがいます。

It is said that who told the words of Allah to Prophet Muhammad who is founder of Islam, it is a Malaika is called Jibril.

イスラム教の創始者であるムハンマド(日本ではモハメットと呼ばれています)にアッラーの言葉を授けたのは、天使ジブリール(ガブリエルとも呼ばれます)だと言われています。

And the fallen Malaika is called Lucifer (Islam call Ibris) is famous in Japan who is often seen in such as the anime.

また、アニメなどに出てくるルシファー(イスラム教ではイブリースと呼びます)と呼ばれる堕天使は日本でも有名ですね。

Malaika Ibris is said that he has a power is almost the same as Allah.

このイブリースという天使は、アッラーと見紛うほどの力の持ち主であったと言われています。

Of course he is also one of creation of Allah, so he can't create any without commitment of Allah.

もちろん、彼もアッラーの創造物の一つなのでアッラーの意思を超えて何かを創造することはできません。

Just he can trick us to believe he is Allah.

ただ彼は、まるで彼がアッラーであるかのように人々をだますことができるのです。

Allah gave this role to him.

アッラーはその役目を彼に与えました。

In this world where light and darkness are present, he played a role in governing the darkness perhaps.

おそらくは光と闇が存在するこの世界において、彼は闇を司る役目を担ったのですね。

He has allowed from Allah that he can behave as how he wants until the period of the promise.

彼は、ある約束の期間この世界で好きにふるまうことをアッラーより認められました。

And in Islam, the period of this promise is called "Qiyamah(Judgement day)".

イスラム教では、この約束の期限のことを「最後の審判」と言います。

Allah will see us whether it has not lost for the temptation of Iblis, or whether it has not been misled by the deception of Iblis on this day.

イブリースの誘惑に負けなかったかどうか、まやかしに惑わされなかったかどうかをこの日アッラーが確認するのです。

This day is the day that we will return to Allah finally.

この日は、僕たちがついにアッラーの元に帰る日です。

In this day, perhaps Allah will ask us what we want.

おそらくこの日、アッラーは僕たちにどうしたいのかを聞いてくるでしょう。

And it becomes so if we say we want to be with Allah.

もしアッラーと一緒にいたいと言えばそうなります。

It becomes so if we say we want to be with Ibris still.

もし、まだイブリースと一緒にいたいと言えばそうなります。

The world where who say that want to be with Allah will go, it is called Jannah(heaven).

そして、アッラーと一緒にいたいと言う人が行く世界をジャンナ(天国)といいます。

And the world is who say that want to be with Ibris will go, it is called Jahannam(hell).

また、イブリースと一緒にいたいという人が行く世界をジャハンナム(地獄)といいます。

The person who has gone to Jahannam will be facing on a very hard time.

ジャハンナムへ行ってしまった人には大変な苦労が待ち受けています。

Even just know people around of went to Jannah, it will make so painful feeling.

まわりの人がジャンナに行ったと知るだけでも、相当辛い想いをするはずです。

So it is the purpose of Islam is to avoid people to be falling into such a tragedy.

人々が、このような悲劇に陥らないようにするのがイスラム教の目的です。

For that we will say to believe in Allah not the Ibris on that day, so Quran is the Muslim holy book is telling what we should be today.

その日、僕たちがイブリースではなくアッラーを信じると言えるように、イスラム教の聖典であるコーランは僕たちが今日どうあるべきかを伝えています。

"La ilaha illallah" this is most important word for Islam.

「ラー イラーハ イッラッラー」これはイスラム教において最も大事な言葉です。

This word which is translated as "God is no other of Allah" has been given a misunderstanding like to deny the other God, but it is not true.

「アッラーの他に神はなし」と訳されるこの言葉は、他の神を否定しているような誤解を与えられてきましたが、それは本当ではありません。

This is the word for hope our true relief actually.

これは僕たちの真の救済を願う言葉です。

This word is existing for us to not believe Ibris or other existence which has made by trick of Ibris.

僕たちがイブリースやイブリースのまやかしによる他の神々を信じずに済むように、この言葉は存在しているのです。

Prophet Muhammad said anyone who recite "La ilaha illallah" will go to Jannah.

預言者モハメットは言いました。誰でも「ラー イラーハ イッラッラー」を唱える者はみな天国に行くだろうと。

So Islam is the religion for all people to return safely to Allah is the only creator.

イスラム教とは、全ての人がみな無事に唯一の創造主であるアッラーの元へ帰ることができるようにする、そのための宗教なのです。

Assalamu alaikum
全ての人たちが平安でありますように
[PR]

by tenpapa2013 | 2016-01-28 02:16 | イスラム教

<< 「Future of japa... 「Future to be s... >>