「Believing of Allah loves us unconditionally - アッラーは僕たちを無条件に愛していると信じる」   

The other day it was happenned in Pakistan, the boy is convinced that he was blasphemy Allah cut off his arm, and his parents and neighbours has blessed his act.


先日パキスタンで、アッラーを冒涜したと信じ込んだ少年が自分の腕を切り落とし、それを両親や近所の人たちが祝福したという事件が起きました。


When I heard this story, I couldn't understand why adults around of him did bless to him.


この話を聞いたとき、なぜまわりの大人たちが彼を祝福したのか僕には理解できませんでした。


But after that I understood that if they see a boy already cut his arm, then there was no choice but to bless, probably.


しかし後になって気がつきました。もし少年が既に腕を切り落としたのを見てしまったら、もう祝福するしか選択の余地がなかったであろうと。


If they blame something on that situation, then they would give despair of irreparable.


もしその状況で何かを非難したら、取り返しのつかない絶望を与えることになるからですね。


So for rewarding their painful efforts, we can learn one thing from this happening.


この彼らの痛ましい努力に報いるために、僕たちはこの出来事から一つ学ぶことができます。


And it is whether we are able to blaspheme Allah really.


それは僕たちにはアッラーを冒涜することが本当に可能なのかということです。


Allah is the existence of omnipotent and the most merciful, and infinite.


アッラーとは万能で最も慈悲深い無限の存在です。


So even if we blaspheme such a Allah, then what the trouble Allah will have.


そのようなアッラーを冒涜したところで、一体アッラーは何を困ると言うのでしょう。


We blaspheme Allah, it is probably the same as we spit to the sea and sea will not be contaminated with such a thing.


アッラーを冒涜する、それはおそらくは海に向かって唾を吐くのと同じことです。海はその位のことでは汚染されません。


It is not for Allah, it is oneself's trouble as embarrassing of that we haven't understood thought of who most loves us.


それはアッラーではなく、最も愛してくださる方の想いを理解していなかった恥ずかしさに自分自身が困ることです。


Contrary, I think it is the big blasphemy that we think it's possible merciful and omnipotent Allah would be bothered or hate us.


逆に、慈悲深く万能なアッラーが気にしたり憎んだりすると考えることこそ大きな冒涜ではないかと僕は思います。


Would be Allah's love conditional?


アッラーの愛は条件つきでしょうか?


I think it is definitely not. If it is, then Allah never gave us the opportunity is forgiving, but Allah is always forgiving us.


僕は絶対に違うと思います。もしそうならアッラーは僕たちに許しの機会を与えません。しかしアッラーは常に僕たちのことを許しています。


Allah loves us unconditionally, just we haven't evolved to be that, therefore I think that Allah told us some rules for us to be better.


アッラーは僕たちのことを無条件に愛しています。ただそれだと僕たちが進化しない、そのために僕たちが良くなるためのいくつかのルールを伝えたのだと僕は思います。


It is the same thing as our good father is.


これは良い父親と一緒です。


A father who has inner strength and deep affection never hate children however children does naughty.


内面の強さを持ちそして愛情深い父親は、子供たちがどんないたずらをしようとそれで彼らを憎むことはありません。


Because he knows children never win to their father's seriousness.


なぜなら彼は、子供たちは父親の本気には決して勝てないことを知っているからです。


He sometimes shows his anger to his kids, but it's because by considering of their future.


彼は時々子供たちを叱りますが、それは彼らの将来を思ってのことです。


If kids show their understanding, then father surely would show his smile.


もし子供たちが理解を示したなら、父親はきっと笑顔で応えるでしょう。


Because a good father's hope is only his kids to have good life.


なぜなら良い父親の望みは、彼の子供たちが良い人生を歩むこと、それだけだからです。


This time, Pakistan boy and adults around of him gave us an issue of thinking about blasphemy Allah.


今回、パキスタンの少年とその周りの大人たちはアッラーへの冒涜について考える機会を僕たちに与えてくれました。


And I hope that Allah give a lot of bless for them who had very painful experience.


そして僕は、アッラーがとても痛ましい体験をした彼らに多くのご加護を与えてくださることを願います。


And I hope many of you to learn from this happening for Allah who has to create this tragedy would return smile to us.


そしてこの悲劇を創造するしかなかったアッラーが僕たちに微笑を返してくださるためにも、多くの人がこの出来事から何かを学ぶことを望みます。


Assalamu alaikum


皆さんが平安でありますように
[PR]

by tenpapa2013 | 2016-01-30 20:15 | イスラム教

<< 「Merciful Allah... 「Encouragement ... >>