「Merciful Allah - 慈悲深きアッラー」   

The existence is called Hero, they are not admired if it's only strong.

ヒーローと呼ばれる存在は、ただ強いだけでは憧れの対象にはなりません。

When they have merciful heart with their strength, they will be admired as Hero.

強さに加えて慈悲の心を持つときに、彼らはヒーローとして賞賛されます。

The natures of the Hero is strength and merciful.

ヒーローの資質とは、強さそして慈悲深さです。

So in that meaning, Allah must be the biggest Hero for us.

そういう意味では、アッラーこそは僕たちの最大のヒーローとなりうる存在です。

But why Allah is not the biggest Hero for especially our children?

それなのにどうしてアッラーは、特に子供たちにとっての最大のヒーローではないのでしょう?

Children easily can believe good story, and they spread it so well.

子供はいい話はすぐに信じ、そしてすぐにそれを広めます。

So it's no wonder that if Allah is the biggest Hero of all of children in this world, but why it wouldn't be so?

それならば、世界中の子供たちにとってアッラーが最大のヒーローであっても全く不思議はないのに、そうなっていないのはなぜでしょう?

I think it's because mercifulness which is the greatest essence of Allah is not told to them well.

それは、アッラーの最大の特質である慈悲深さが彼らによく伝えられていないことが理由であるように思います。

If Allah is the full of merciful, that is this universe itself is the full of merciful also.

アッラーが慈悲溢れる存在であるということは、この宇宙そのものも慈悲に溢れているということです。

And if this universe which is surrounding us is the full of merciful, then what problems do we need to have?

そしてもし自分を取り囲むこの宇宙が慈悲に溢れているとしたら、僕たちにとって一体何が問題となるのでしょう?

The problem is our mind which is unaware of the mercy of the universe or Allah.

問題なのは、宇宙やアッラーの慈悲に気付かない自分の心ですね。

When we are blaming the problem for someone, we are forgetting that Allah or the universe is surrounding us is the full of mercy.

僕たちが問題を誰かのせいにするとき、アッラーがつまり僕たちを取り囲む宇宙が慈悲に溢れていることを忘れています。

For who faith Allah, the problem will not happen as someone's blame.

アッラーを信じる者には、誰かのせいによって問題が起きるということはありません。

Because they know that everything is happening as Allah's plan.

なぜなら彼らは、全てはアッラーの計画によって起きていることを知っているからです。

Why our children don't think Allah is the most Hero for them, because we adults do not tell to them mercifulness of Allah to first.

子供たちがアッラーをヒーローだと思わないのは、僕たち大人がアッラーの慈悲深さを第一に伝えていないからです。

Children, they love kindness such as represented by the mercifulness.

子供は慈悲深さに代表されるような優しさが大好きです。

Even to say that he created all or he is omnipotent, but children couldn't love him if he doesn't have kindness.

いくらすべてを創造したといっても、いくら万能だといっても、優しさがなければ子供は好きにはなれません。

Therefore the word is "merciful Allah" dive into our eyes when we open Quran first.

だからコーランを開けばまず「慈悲深きアッラー」という言葉が目に入るようになっています。

It would be told for that everyone even including children could love Allah.

それは子供たちを含む皆がアッラーを愛することができるようにそう伝えられるのですね。

Why it was told that Allah should be awe, because it probably avoided people to be halfhearted for their faith by emphasizing of Allah's mercy.

アッラーが畏怖すべき存在だと伝える必要があったのは、アッラーの慈悲深さを強調することで人々が信仰にいい加減になってしまうのを避けたかったからでしょう。

Actually it would happen everyone to do anything with thinking of forgiven for all, if just mercifulness of Allah has been told.

確かにもしアッラーの慈悲深さだけが伝えられたなら、許されると思って皆が好きなことをやってしまったかも知れません。

But adult aside, the children are creature that do not betray never the people who yearn of their own.

しかし大人はともかく、子供とは自分の憧れる人を決して裏切らない生き物です。

Even if they do thoughtless, they will return to be correct of them after, because they naturally know fear of to be alone.

たとえいい加減なことをしても、後に彼らはそれを正そうとします。彼らは一人になることの恐怖を本能で知っているからです。

For forgiveness from Allah by his mercy, we need to return to Allah.

アッラーの慈悲による許しを得るには、アッラーの御許に帰らなければなりません。

And that is the return to Allah who knows everything of us, it face to our conduct up to it.

そして僕たちの全てを知るアッラーの御許に帰るということは、それまでの自分の行いに向き合うということです。

Even how much Allah is merciful, or because Allah is so merciful therefore we will need to recognize truth of oneself honestly.

アッラーがどれだけ慈悲深いといっても、いやアッラーが慈悲深いからこそ自分の真実を素直に認めなければならなくなります。

If we did not return to Allah to ignore the warning, in other word if we had remained out of order of our universe, it's told by Quran, Bible and Various lore that we will perish surely.

警告を無視してアッラーの御許に帰らなかった場合、つまり宇宙の秩序からはずれたままでいた場合は必ず滅びることがコーランや聖書、いろいろな伝承によって伝えられています。

So what we should be awe truly is the fear of deviating from the order of our universe, the power of free will given to man which could choose to be the world without Allah even.

僕たちが真に畏怖すべきは、宇宙の秩序からはずれることの恐怖、アッラーのいない世界をも選択できてしまう人間に与えられた自由意志の持つ力なのです。

In Allah, all beings such as microorganisms or plants or animals exist with the harmony.

アッラーの元では、微生物から植物、動物、すべての存在が調和を持って存在しています。

And only human beings with a free will can deviate from its harmony.

そして自由意志を持つ人間だけが、その調和からはずれることができます。

Recently I have heard the story from my brothers and sisters that is a lot of Muslim seem like a not Muslim.

最近兄弟姉妹たちからムスリムらしくないムスリムが増えているという話をよく聞きます。

I think it's told because such as they seem as deviating from harmony of Allah.

そのような彼らはアッラーの調和からはずれているように見えるためにそう言われるのでしょう。

I have been a question from them how we can wake up their eyes.

僕はどうすれば彼らの目を覚ますことができるのかと質問をされました。

And for it, we live as present of merciful first, then we show that state to people around.

それにはまず僕たちが慈悲深い存在として生きること、そしてその姿を周りに見せることですね。

Surely from now on, it will happen the things which us to understand how the world with no Allah is terrible.

おそらくこれから、アッラーのいない世界がどれだけ恐ろしいものかを理解するような出来事が僕たちの身に起きます。

And actually it already happened such as airplane disappear suddenly or appear unknown pathogen one after another.

実際、飛行機が突然消えてしまったり、未知の病原菌が次々と現れたりとそれはもう起きています。

But if we strongly have faith in Allah, in a word if we know everything is created by merciful Allah, then we can believe it is reaching mercy of Allah to these sufferers.

しかし、もし僕たちがアッラーへの信仰を強く持っていれば、つまりすべては慈悲深いアッラーによる創造だということがわかっていれば、被害に会われた方々にもアッラーからの慈悲が届いていることを信じられます。

And people who can't believe mercy of Allah, they will be overwhelmed by a sense of their own helplessness on every time something happens.

そしてアッラーの慈悲を信じられない人は、これから何かが起きるたびに自分の無力さに打ちのめされます。

Then they look at us who are living as calm and merciful even in the confusion, and certainly they will ask us why we could be so.

これらの混乱の最中にも落ち着いて慈悲深く生きる僕たちを見た彼らは、どうしてそういられるのかと必ず尋ねてくるでしょう。

Then many of people begin to believe in mearcy of Allah again.

そして多くの人が改めてアッラーを信じ始めます。

Some people who still doesn't want to believe in mercy of Allah even this, they continue to fight with illusion that the world without Allah in a word is merciless of themselves.

それでもアッラーが慈悲深い存在であると信じない人は、アッラーのいない世界という幻影つまり自らの無慈悲さと戦いを続けます。

The state has continued to this fight is called Hell.

この戦いを続けている状態のことを地獄といいます。

And this Hell continues until the time to seek a sincere salvation from them by tired of fighting.

そしてこの地獄は、戦いに疲れ心から救いを求めるそのときまで続きます。

It is the result of that we had forgot that we are creation by merciful Allah is also a part of this merciful universe. And this occurs surely to all people.

これは自分が慈悲深きアッラーの被創造物であること、慈悲深き宇宙の一部であることを忘れてしまった結果です。これはすべての人たちに必ずおきます

So we definitely don't need to worry about who is behaving as ignoring Allah. Because everything is planned of Allah.

僕たちは、アッラーを無視したようなふるまいをする人たちについて悩む必要は全くありません。全てはアッラーの計画通りです。

It than, as to be the hope of light for them who will realize it one day, we may start to embody ourselves to be merciful which is the greatest of the essence of Allah from now, I think it is the most helpful for their relief.

それよりは、いつか気付くであろう彼らの希望の光となるように、今からアッラーの最大の特質である慈悲深さを自ら体現し始める、それこそが彼らにとっての最大の救いとなるように思います。

Assalamu alaikum

皆さんが平安でありますように
[PR]

by tenpapa2013 | 2016-03-19 14:33 | イスラム教

<< 「A time of bles... 「Believing of A... >>