「A time of blessing [Chapter 1] - 祝福の時 第1章」   

Did you notice that my profile photo has changed?

最近僕のプロフィール写真が変わったことに気が付きましたか?

That is the state of the Japanese traditional event called "Setsubun".

あれは節分という日本の行事の様子です。

In Japan, we do the event to ward off demons on February 3 in every year.

日本では、毎年2月3日に鬼を追い払う行事を行います。

Saying "Oni wa soto (Demons outside), Fuku wa uchi (Good fortune inner)" and throw the beans roasted.

「鬼は外、福は内」と言いながら炒った豆を投げるのです。

At home has small children, father usually dressed as a demon and kids throw the beans to him. That photo is a state at that time.

小さい子のいる家では鬼に扮したお父さんに子供たちが豆を投げつけます。写真はそのときの様子です。

And finally, everyone will eat the fallen beans the amount of their year.

そして最後にみんなが、落ちた豆を自分の年の分だけ食べます。

In Japan, we had been praying for health and peace of the family of the year by doing this event.

日本では、この行事を行うことで家族の一年間の健康と安泰を祈ってきたのですね。

In fact, I don't conduct work other than to upload the articles and to respond to the message in this Facebook.

実は、僕はこのFacebookでは記事をアップロードすることとメッセージに返答する以外の作業は行っていません。

The all other works are done by my wife.

後の作業はみな僕の奥さんが行っています。

The other day, I was noticed that my profile photo is changed without my knowing.

先日、僕は自分のプロフィール写真がいつの間にか変わっていることに気が付きました。

So, I had asked to my wife why the photo has been changed, then I got an answer such as the following.

そこで、どうして写真を変えたのかを奥さんに尋ねると次のような返答が返ってきました。

"Everyone doesn't understand what Nobu-san want to do actually. Therefore I changed to this photo with meaning of 'soon run away from him'."

「みんなのぶさんが本当は何をしたいのかわかってないでしょ。だから”早く逃げてー”って意味でこの写真にしたの。」

So, why does my wife want to convey escape from me to everyone ?

なぜ、僕の奥さんはみんなに僕から逃げるように伝えたいのでしょう?

It is because herself wanted to run away from me on many times.

それは彼女自身が何度も僕から逃げ出したいと思ったからです。

I think that she hopes everyone could understand the feeling of staying together with who is wishing Judgement day would come soon.

世の終わりの時、つまり最後の審判が少しでも早く来ることを願う者と一緒にいるとはどういうことかをみなさんにもわかってもらいたいのだと思います。

Earlier I lived with thinking only myself to be enjoying.

以前の僕は、自分が楽しむことばかりを考えて生きていました。

But since it was sometime, I started to hope the peace of the world very keenly.

しかしある頃から、世の中の平和というものを痛切に願うようになりました。

And one day in 1999, I had received a revelation from the presence that I only could think it's God.

そして1999年のある日、僕は神としか思えない存在から啓示を受けました。

And it was that mankind will encounters with God in 2013.

それは、2013年に人類は神と出会うというものです。

In other words, what is called Judgement day will occur at this time.

言葉を変えれば、最後の審判と呼ばれるものがこのときに起きるということでもあります。

Then of I have been telling this revelation to people who all I met.

その後の僕は、出会う人みなにこの啓示を伝えてきました。

And of course. there were almost no people would understand it.

もちろん理解してくれた人はほとんどいませんでした。

(Continued to Chapter 2 - 第2章へ続きます)
[PR]

by tenpapa2013 | 2016-03-19 14:35 | イスラム教

<< 「A time of bles... 「Merciful Allah... >>