「キヤーマの危機感 - The sense of crisis of Qyaama」   

キヤーマというのは、イスラム教でいう人類の最後の時のことです。
Qyaama is the last time of human, Islam tells.


そのキヤーマには、二つの種類があると言われています。
And it is said that Qyaama has two kinds.


一つは小さなキヤーマつまり人間の死のこと。もう一つは大きなキヤーマ、これは前回の記事でお話した審判の日のことです。
One is a small Qyaama, that is human death. And another is a big Qyaama, This is the judgement day I told about in the previous article.


イスラム教では、このどちらのキヤーマがいつ起きても構わないよう日々を生きることが求められます。
In Islam, it is required to live their days with ready for that either of these Qyaama can occur at any time.


そうすることにより、思慮のない行動を起こす自分に待ったをかけることができるからです。
Then we can stop for ourselves to do thoughtless behavior.






これは、日本の侍が持っていたマインドにとてもよく似ています。
This is very similar to the mind that the Japanese Samurai had.


日本の侍は、いつ死ぬかわからない状況に身を置く中で、その無常を尊厳に転換する生き方を身に付けました。
Japanese samurai, while he put himself in a situation where he doesn't know when to die, he has acquired a way of life that turns its empty into dignity.


侍の教えである武士道が数々の宗教観や哲学観を内包するのは、死に直面してなお高みを求める心に神性が宿ることの証かもしれません。
Why Bushido that is the teaching of Samurai connotes numerous religious and philosophical views, it may be a proof that divinity is dwelled on the mind which in the face of death and still seeking noble.


また大きなキヤーマについても、日本人は過去にしっかりとその片鱗を体験しています。
Regarding of a big Qyaama, Japanese people have been experiencing a glimpse of them in the past.


例えば日本中を巻き込んだノストラダムスの大予言ですね。
For example, it is a prophecy of Nostradamus that has involved all Japan.


特に1995年は、予言の時が迫るのに加え阪神大震災やオウム真理教によるテロなどが発生し、大勢の日本人が終末観を味わうこととなりました。
Especially in 1995, in addition to the time of prophecy approached, Hanshin Big Earthquake and terrorism attack by Aum Shinrikyou occurred, so a lot of Japanese felt the view of the eschatology.


それ以前にも、日本人は大空襲や二度の原爆の投下などの悪夢を先の大戦で体験しています。
Even before that, Japanese have experienced nightmare such as a big air raid and dropping of two atomic bombs in the previous war.


自分を見失っていると言われて久しい日本人ですが、それでも大地震などの災害発生時に落ち着いた行動をとることが話題になるときがあります。
Japanese who has been told that lost sight of oneself in these days, but sometimes it would be a topic to they still takes a settled action when a disaster such as a big earthquake occurs.


それは武士道のような教えや終末に対する覚悟が心のどこかに刻み込まれているからなのかもしれません。
It may be because mind like Bushido and preparations for the time of the end are engraved somewhere in the heart of them.


キヤーマの危機感..今ほどの不安定な時代においてこれほど重要とされるべき意識はないと僕は思っています。
The sense of crisis of Qyaama..I think that it is the most important consciousness in this age of so precarious times.


そしてムスリムとは、その意識において世界を牽引する役目を追った人たちです。
And I believe that Muslims are those who lead the world about that consciousness.


もちろん、これだけ物質主義が蔓延する世の中においてそのような意識を保持するのは、たとえムスリムと言えど難しいことであるのは理解できます。
Of course, it can be understood that it is hard to say that even Muslims hold such consciousness in this world where materialism prevails.


しかし友人同士がお互いの良さを素直に認め合うなら、面倒に思えたことにもやる気がでるかもしれません。
But if friends acknowledge honestly each other's goodness, it may be motivated for what it's seems difficult even.


僕はムスリムと日本人がそのような友人になることを期待しています。
I wish Muslims and Japanese to become such friends.


みなさんが平安でありますように
Assalamu alaikum


[PR]

by tenpapa2013 | 2017-02-24 11:18 | イスラム教

<< 「五次元への道(1)-The ... 「アッラーのほかになにもなし ... >>