「五次元への道(3)-The way to Fifth Dimension(3)」   

<心の世界-Heart world>

心にはいろんなタイプの心があります。
There are various types of the heart.

明るい心、憂鬱な心、広い心や狭い心など..
Happy heart, gloomy heart, broad heart and small heart etc. .

人は暮らしの中でいろいろな心の状態を体験します。
People experience various heart conditions in their lives.

心にあるもののみを体験していると言っても過言ではありません。
It is no exaggeration to say that we are experiencing only what is in our heart.





例をあげます。目の前に犬が現れたとき、犬が好きな人は喜ぶでしょうし犬が苦手な人は避けて通ろうとします。
For example, when a dog appears in front of us, people who like dogs will be pleased and people who don't like dogs will try to avoid them.

この両者は、犬が現れるという状況について全く違う現実を体験しています。
Both of them experience different reality about the situation that a dog appears.

朝食を食べた方が調子がいい人と、食べない方が調子がいい人がいます。
There are some people who eat breakfast and who don't eat breakfast for their good condition.

前者は朝食を食べて、後者は朝食を食べずに出勤しどちらも調子のいい一日を過ごします。
And the former eats breakfast, the latter goes to work without eating breakfast and both of them have a nice day.

これらは心が僕たちの現実を決定していることの例えです。
These are the examples that our heart determining our reality.

心には無数の三次元世界を体験する可能性があります。
In our heart, there is a possibility of experiencing infinite three-dimensional world.

例えば、折り紙やコピー用紙などは二次元平面を集めた立体の形で売られています。
For example, origami and copy paper are sold in the form of three-dimensional gathering of two-dimensional planes.

これは上位次元のものは下位次元のものが無数に集まってできていることの証です。
This is a proof that things of the upper dimension are formed by countless things of the lower dimension.

心も同じです。四次元である心は、無数の三次元世界の集合体であるということができるでしょう。
And our heart is the same. The four-dimensional our heart can be said to be an aggregate of countless three-dimensional worlds.

なぜなら心の世界は想像できるすべての現実を内包するからです。
Because the world of heart includes all realities that we can imagine.

僕たちがもっとも心を体験するのは寝ている間に見る夢の世界だと思います。
I think that it is the dream world of we see while sleeping that we experience the most of our hearts.

夢の中で僕たちは、心にある様々なことを体験します。
In our dreams, we experience various things in our hearts.

そこではありとあらゆる現実が時空を超えて展開されます。
There, every and every reality is expanded beyond time and space.

そのことからも、想像できるものはすべて心の世界に存在しうると言うことができるでしょう。
From that also, it may be said that everything we can imagine can exist in the our hearts world.

イスラム教には、現世と来世の違いは親指と大海ほどの違いがあるという例えがあります。
In Islam, there is an analogy that the between this world(Dunia) and the afterlife(Akhirat) differs by thumb and the big ocean.

この例えは、現世と来世の間には次元の隔たりがあることを伝えると同時に、来世とは僕たちの心の世界であることを示唆しているのかもしれません。
This example tells that there is a gap of dimension between this world and the afterlife, and also it may imply that our afterlife would be the world of our hearts.

つづく
To be continued
[PR]

by tenpapa2013 | 2017-02-24 11:30 | 精神世界

<< 「五次元への道(4)-The ... 「五次元への道(2)-The ... >>