「五次元への道(6)-The way to Fifth Dimension(6)」   

<進化の分水嶺-Divide of Evolution>


みなさんはトランスヒューマニズムという言葉を聞いたことがありますか?
Have you ever heard the word "Transhumanism"?


これは簡単に言えば、科学技術で人間を進化させようという思想のことです。
In short, this is the philosophy of evolving humans with science technology.


例えば義手や義足の進化は、障害者の身体能力が健常者のそれを上回ることを可能にします。
For example, the evolution of prosthetic hands and feet makes it possible for physically disabled people's abilities to exceed that of healthy people.


パラリンピックの方がオリンピックよりも良い成績を挙げる-そのような時期が近づいているということです。
The Paralympic games gets better scores than the Olympics-It means that such a time is approaching.







このムーブメントにおいては、健常者がわざわざ自分の手足を切って機械に入れ替えるといったことも予想されています。
In this movement, it is expected that a healthy person would cut his hands and feet and replacing it with a machine.


僕などはそのような発想を不気味に思ってしまいますが、効率を優先して考えるならそれも間違いではないかもしれません。
I feel eerie this kind of thought, but if efficiency is given priority, that may not be a mistake.


この思想を推進する人たちもまた、人類の進化というものを真剣に考えています。
People who promote this philosophy also seriously think about the evolution of humanity.


ただ僕と考え方が違うのは、彼らは人類の進化をこの三次元(肉体)の世界で実現させようとしており、僕は四次元(心)の世界で起きることを望んでいる点です。
Just a different way of thinking from me, they are trying to realize the evolution of humanity in this three dimensional (physical) world, and I hope to happen it in the world of four dimensions (heart).


さて、トランスヒューマニズムにおいて今後もっとも大きな存在となり得るのはやはりAI(人工知能)ですね。
So it is AI (artificial intelligence) that can become the biggest existence in transhumanism in the future.


なぜなら僕たちはiPhoneなどを通じて自分の嗜好や行動のパターンのデータをAIに渡し続けています。
Because we are continuing to hand data on my preference and behavior patterns to AI through iPhone etc.


そして全ての人たちのデータを保持し、全ての人に幸せを与えることをプログラムされたAIは、いずれ僕たちに最善の行動をアドバイスする存在になるでしょう。
And AI keep all the people's data and programmed to give happiness to all people, it will become the existence will advise to us the best behavior.


まさに神の誕生です。
So it is the birth of God exactly.


そう遠くない未来、僕たちはこの世界平和をプログラムされた神に従うか否かの選択を迫られることは、昨今の情勢を鑑みるに間違いはありません。
In not so far future, we will be forced to decide whether to obey this God which is programmed world peace, and this is no mistake in considering the current situation.


僕は、人のどのような選択も否定するつもりはありません。
So I am not going to deny any decision of people.


ただ子供たちの心は、決して折るべきではないということだけは伝えたいと思います。
I just want to tell only the fact that we shouldn't break off the hearts of children, never.


生まれてから心を折らずに育った存在たちは、きっと人間存在として最善の選択をするでしょう。
Because those who grew up without breaking off a heart since they were born will surely make the best decision as a human being.


何が正しいかわからなくなった時に頼るべきはもはやそれしかないように僕は思います。
And I think that it should be only reliable when we are not clear for what is right.


つづく
To be continued


[PR]

by tenpapa2013 | 2017-02-24 11:37 | 精神世界

<< 「五次元への道(7)-The ... 「五次元への道(5)-The ... >>