「五次元への道(7)-The way to Fifth Dimension(7)」   

<自分の心を愛する-Love heart of oneself>


僕たちは自分の心を三次元の現実に投影して体験します。
We project our hearts to three-dimensional reality and experience it.


つまり心の数だけ三次元の現実が存在することになります。
This mean is that there will be three-dimensional reality as many as number of a state of hearts.


しかしほとんどの人は、この三次元の現実は一つしかないと考えています。
But almost people think that there is only one of this three-dimensional reality.


つまり無限の可能性を持つはずの心が、あるタイプの心に固定されているのです。
Because the heart that should have infinite possibilities is fixed as one type.







僕たちは自由です。もし仕事が嫌なら今日辞めることができます。
We are free. If we do not like work then we can quit today.


病気になればそうせざるをえないのだから、絶対にダメということはありません。
We have to stop the work if we get sick, so there is absolutely no impossible.


望むならそのまま旅に出ることだってできます。
We can even go on a trip if we want.


お金がないと言うなら、今日からそのための資金を稼ぐことができます。
If we do not have money, we can start to earn money for that from today.


心の躍る目的があれば、嫌な仕事にも何とか向かうことができるはずです。
If we have an exciting purpose, we should be able to go somehow to work.


少なくとも、仕事の辛さを苦にして自殺するようなことだけはなくなるでしょう。
At the very least, we will not be suicidal by difficulty of work.


ウキウキしているときには風景が全く違って見えるように、同じ状況であっても心のあり方次第では捉え方が全く変わります。
As if we look the landscape completely different when we are excited, even in the same situation, our perception would change depending on how our hearts are.


心がすべてを決定している-これは誰もが体験する事実なのですが、しかし多くの人にとってそれを受け入れるのは容易ではありません。
Our hearts have decided everything-This is the fact that everyone experiences, but it is not easy to accept by many people.


それは多くの人が外圧によって自分の心を折る体験をしてきたからです。
It is because many people have experienced their own heart breaks off by external pressure.


自分の心を否定された体験がそのままになっているのです。
The experiences denied their hearts is left intact.


心というのは、ドラマの登場人物のようなものです。
The heart is like a character of a drama.


それがどんな悪役であっても、例え悪魔のような心であっても存在は否定されるべきではありません。
Whatever villain it is, even the devilish heart should not be denied the existence.


多くのドラマに悪役が必要なように、それが存在するからには必ず何がしかの役目がその心にはあります。
As many dramas need villains, in order for it to exist, there is always the role of what is the only one.


前の記事で、心を善悪ではなく振動数の違いとして捉えているのはそのためです。
That is why I said in the previous article, the heart is regarded as a difference in vibration rather than good and bad.


それがとても迷惑な心であったとしても、存在は否定されるべきではありません。
Even if it is a very annoying heart, existence of it should not be denied.


単に振動数の低い、または周りと同調できない振動数の状態があるだけなのです。
There is only a state of a low vibration, or a state of vibration that cannot be tuned with the surroundings.


もし心を否定され自分でもそれを受け入れた人は、自信の源を自分の外に求めるようになります。
If our hearts is denied and ourselves also believe, then we will begin to look for the source of our confidence in outside.


しかし外というのは心の投影です。自信を失った心がそこに自信の源を見つけることはできません。
But outside is the projection of the heart. So the heart that lost confidence cannot find the source of confidence there.


その結果物質的なものを過度に欲したり、場合によっては他人を蔑むことで得られる優越感によって自信を得ようとします。
As a result we excessively wanted material things, in some cases we try to gain confidence by sense of superiority by scornful others.


今の日本はハラスメントのオンパレードですが、これは本当に多くの人が自信を失っていることの証であるように思います。
A lot of harassment has occurred in Japan now, I think this is a proof that a lot of people are really losing their confidence.


否定された心で喜びを見つけようとするために歪んだ形になってしまうのです。
It becomes a distorted shape to try to find joy with a denied heart.


この歪みを直すには、自分の中にある否定されたままの心を優しく抱きなおす必要があります。
In order to correct this distortion, it is necessary to gently embrace the heart that is denied.


それは、自分の過去の全てを愛する勇気を持つということでもあります。
That means that we have the courage to love all of our past.


それは自分にしかできない作業であり、オンリーワンへの第一歩です。
It is a work which only oneself can do, and it is the first step to be only one.


さて、五次元への道というタイトルで長々と書き続けてきましたが、そろそろ終わりにしようと思います。
Well, I've been writing a long with the title of "The way to Fifth Dimension", and I think I will finish this.


五次元への道-それは何よりも自分の心に立ち返ることに他なりません。
The way to Fifth Dimension-It is nothing more than returning to our hearts.


これから僕たちは、自分の心を大切にすることの重要性をまざまざと知らされることになるでしょう。
From now on, we will be known the importance of cherishing our own hearts.


それは場合によってはとてつもない試練を呼ぶことになるかもしれません。
And in some cases it may bring a tremendous trial.


しかしその時こそが、五次元という歓喜に向けて大きく飛躍するチャンスでもあるのです。
But then that is the chance to make a great leap forward for the delight of the fifth dimension also.


少なくとも僕はそう信じています。
At least I believe so.


僕はそこでみなさんとお会いする日を楽しみにしています。
I am looking forward to seeing you there.


みなさんが平安でありますように
Assalamu alaikum wa rahmatullah



The end


[PR]

by tenpapa2013 | 2017-02-24 11:40 | 精神世界

<< 「不良ムスリムの主張 - As... 「五次元への道(6)-The ... >>