【4】イスラム教について日本人に知ってもらいたいこと What I want Japanese to know about Islam   

1.酒について About alcohol
 
このように、日本人とムスリムが交流を深めることは、とてもよい影響を両者にもたらします。
In this way, deepening exchanges between Japanese and Muslim brings such a good impact to both.
 
これはとても素晴らしいことですが、そうなることを妨げる要因も存在しています。
And it is a so much wonderful thing, but there are factors that hinder it also.
 
その一つは日本人のイスラム教に対する誤解、もう一つは日本人が宗教を重要視しないことへのムスリムの誤解です。
One is a misunderstanding of Japanese to Islam, and the other is misunderstanding of Muslim that Japanese do not attach importance on religion.
 
この誤解を一つづつ解いていきましょう。
So let's solve this misunderstanding one by one.
 




まず、日本人がイスラム教と聞いて思うのは、おそらく戒律の厳しさでしょうか。
First, it is the severity of the precepts probably that if the Japanese think about Islam.
 
有名なものでは、酒を飲まない豚肉を食べない、あと4人までの女性と結婚していいという教えも不思議な話のように思えます。
With famous ones, the things that they can not eat pork and they can not drink alcohol, and that it seems like a wonder about they can marriage with four wives.
 
でも、日本人が思うこれらは本質を捉えていません。それを一つづつ説明していきます。
However, these Japanese thought do not grasp the essence of them. So I will explain it.
 
まず酒についてですが、これは最初は絶対にだめというものではありませんでした。
First it is about alcohol, but this was not a bad thing at first.
 
その証拠に、初期のコーランには、酒は人間にとって多少の益もあるとの記述があります。
In early, Quran has stated that alcohol has some benefit for human beings.
 
ただ当時のアラビアには、酔って礼拝をするなど問題を起こす人が多かったようです。
Just there were many people in Arabia at that time who caused problems such as to do worship with drunk.
 
アラブ人には情熱的な人間が多いので、喧嘩なども絶えなかったのだと思います。
I think that the Arab people are very passionate, so the fightings with drunk has never stopped.
 
それでお告げが来て、もうお前たちは酒を飲んではダメだということになりました。
Then the message from Allah came and it was decided that people should not drink alcohol.
 
人間に酒をコントロールするのは無理だと、アッラーが判断したんですね。
Allah has judged that it is impossible for humans to control alcohol.
 
イスラム教が酒を禁止するのは、飲む者の意識が未熟だからです。
So Islam prohibits drinking because the consciousness of drinkers is immature.
 
しかしムスリムの中には、調味料として使う酒をも警戒する人がいます。
However, some Muslims are also wary of alcohol used as a seasoning even.
 
日本人が調味料として酒を使うのは、味や食感を良くするためです。
Japanese people use alcohol as a seasoning for better taste and texture.
 
少なくとも、酔うために使っているわけでは決してありません。
It never be used to get drunk at least.
 
酒は加熱するとアルコール分が消えてしまうので、酔いを引き起こす成分は残りません。
The alcohol content disappears when alcohol is heated, so that ingredients causing drunk do not remain.
 
ムスリムが酒を使った食べ物を避けるのは理解できますが、日本にはそのような食文化があるのです。
It could understand that Muslims to avoid foods using alcohol, but Japan has such a food culture.
 
それは決してムスリムが軽蔑べきものではないことを、理解してもらえたらと思います。
I hope that Muslims understand it is absolutely not a thing to be despised.
 
 
2.豚肉について About pork
 
豚肉についても同じです。
The same is true for pork.
 
コーランには、もし本当に食べ物のないときは豚肉を食べてもよいとの記述があります。
There is a description in the Quran that if we really do not have food then it allow that eating pork.
 
しかし、もし豚肉が不浄であったりまた人間にとって毒であるとするなら、いかなる時も食べてはいけないというはずです。
However, if pork is unclean and poisonous for humans, it should be told as do not eat at any time.
 
これは、豚肉を食べていけない理由が他にあることの証だと思います。
This is a proof that there are other reasons why we should not eat pork.
 
僕は、豚という生き物の性質が原因ではないかと考えています。
I am thinking that the characteristic of the pig is the cause of it.
 
豚は、食べることや交尾を非常に節操なく行う特徴があります。
Pigs very much seem to do eating and mating without principles.
 
もし人間が食べたものの影響を少なからず受けるとしたら、豚を食すことは節度を重んじようとする者にいい影響を与えないでしょう。
If we would receive the influence from what we eat, eating pork will not give a positive effect on those who try to respect principles.
 
それでコーランは、豚を食することを禁じているのではないかというのが僕の考えです。
So it is the reason of Quran is prohibiting eating pigs, this is my opinion.
 
これについては、同じことを言っているイスラム学者もいます。
And about this, some Islamic scholar is saying the same.
 
また、豚肉以外の肉についても、ムスリムはイスラムのやり方にのっとった形で屠殺されたものしか食べません。
Also for meat other than pork, Muslims eat only those slaughtered according to the way of Islam.
 
その理由の一つは、動物は殺されるときに、恐怖でアドレナリンを体内に放出するからでしょう。
Probably one of the reason is that when an animal is killed, it releases adrenaline into their body with fear.
 
このアドレナリンは、それを食す僕たちにとってももちろん毒です。
Adrenaline is of course poison for us at all.
 
しかしイスラムのやり方は、まず祈りを唱えて動物の気を静め、そして殺した後すぐに体内の血を抜きます。
But the way of Islam is to first pray and calm the animal, then kill and immediately drain the blood inside their body.
 
こうすることで、アドレナリンの摂取を防ぐことができます。
By doing this way, they can prevent ingestion of adrenaline.
 
このように説明すると、健康意識の高い日本人は逆にハラールの肉を求めるようになるかもしれません。
If it's explained like this, Japanese with high awareness may ask for Halal meat instead.
 
日本人は、いいと思ったものはすぐに取り入れる民族です。
Japanese are people who immediately adopt what they thought good.
 
もしかすると、日本中で売られる肉がすべてハラールになるまで、たいして時間はかからないかもしれませんね。
It will not take much time until all the meat sold in Japan to be halal, maybe.
 
 
3.男女関係について About male-female relationship
 
そして、4人までの女性と結婚していいという教えについてです。
And about the teaching that man can marriage up to four women.
 
この教えに、日本の男性は好奇と羨望の視線を送りますが、それは全くもってとんでもない話です。
To this teaching, Japanese men send sight of curiosity and envy, but that is totally ridiculous.
 
なぜならコーランには、もし全員を同じように幸せにしてあげられるのならという条件が記されているからです。
Because the conditions are stated in Quran that man fairly have to make all wives to be happy.
 
この教えは、男側の幸せではなく、あくまで女性たちの幸せのためということです。
This teaching is not for men's happiness but for the happiness of women.
 
4人すべての奥さんを精神的にも経済的にも満足させる、そんな試練に身を置こうとする男性が果たしてどれだけいるのでしょうか。
How many men could try to put themselves in such trials that satisfy all four wives mentally and economically?
 
これはイスラム教が、男女の本質をよく理解しているところから来る発想です。
This is an idea coming from that Islam well understand the essence of men and women.
 
女性というのは幸せを追い求めますが、男性にとっては幸せかどうかよりも正しいかどうかの方が重要です。
Women seek happiness, but it is more important for men whether they are right or not than happiness.
 
たとえ幸せでなくても、正しいことがわかれば納得するのが男性で、それでもどうしても幸せに惹かれるのが女性だということもできます。
Even if not happy, it is men can accept if he knows it is right, and it is women still attracted to happiness by all means.
 
だからイスラム教は、男性には物事の筋に生きることを勧め、女性にはその男性の元で幸せを求めることを勧めます。
So Islam encourages men to live in principle of things, and encourages women to seek happiness under their men.
 
すべては、不幸をできるだけなくすことを目的としています。
Everything is aimed for eliminating unhappiness as much as possible.
 
不倫は絶対にだめだという教えは、その象徴ともいえます。
The teaching that adultery is absolutely prohabited is a symbol of that.
 
前で説明したように、酒や豚肉は許されていたときや条件がありましたが、不倫だけはいかなる場合も絶対に許されていません。
As I told before, alcohol and pork were allowed when there were conditions, but adultery absolutely nothing is allowed in any case.
 
彼女がいないから、他の人の彼女や奥さんと付き合っていいかなんて話は、絶対にあり得ません。
It is never allowed that he can desire other people's girlfriend or wife even how long he doesn't have girlfriend.
 
なぜならそれは本当に罪なことだからです。
Because it is really a sin.
 
この世界は、すべてが男性性と女性性の融合によってできたようなものです。
This world seems to have been made totally by fusion of masculinity and femininity.
 
つまり男女がお互いを裏切る行為は、世界を滅ぼすほどの罪だということです。
So, the act of betraying each other of man and woman is that it is a sin that destroys the world.
 
そういう意味で、不倫と酒や豚肉とは罪の度合いが全く違います。
In that sense, the extent of sin is completely different between adultery and alcohol, pork.
 
そして、性の乱れが甚だしい現代の日本人にとって、この教えは非常に重要であると思います。
And I think that this teaching is very important for a present-day Japanese who have much sexual disturbance in their society.
 
特に日本人の女性の多くは、日本の男性がムスリムと付き合うことで、彼らの貞操観念に影響されることをきっと喜ぶのではないかと思います。
Especially many women in Japan will be glad that Japanese men to be influenced their sense of virtue by friendship with Muslims.

このように、イスラム教は安定した社会を目指すために有用な教えをたくさんはらんでいます。
So, Islam has many useful teachings to aim at a stable society.
 
上記に掲げた説明が、日本人のイスラム教についての誤解を解く助けになることを願っています。
I hope that the explanations given above will help Japanese solve misunderstandings for Islam.
 
[PR]

by tenpapa2013 | 2017-05-09 21:48 | イスラム教

<< 【5】日本人の信仰 Japan... 【3】日本人はムスリムにどのよ... >>