【6】太陽と、月そして星が一つになる日 The day of the sun, moon and stars unite   

ムスリムは、イスラム教という宗教を信仰することで、創造主のご意志に近づこうと努力してきました。
Muslims have tried to be in the will of Allah by believing in the religion of Islam.
 
大勢の人が、この教えに従うことこそがそのための唯一の方法だと信じてきました。
And many people have believed that obeying this teaching is the only way to be so.
 
でも日本人は、まったく反対側から同じ頂上を目指してきました。
But Japanese have aimed at the same top from the other side entirely.
 
それはすべてに神性が宿ると信じるやり方によってです。
It is a way of believing that divinity will be inhabited in all.
 
これは、ムスリムにとってのインシャアッラーの精神と同じものです。
It is the same as the spirit of insha Allah of Muslims.
 
インシャアッラーとは、すべてがアッラーのご意志であると受け入れることをいいます。
Insha Allah means accepting that everything is Allah's will.
 
一見悪く思える出来事にも、そこには必ずアッラーの想像を超えた配慮があるという考え方です。
It is a way of thinking that there is consideration of Allah beyond our imagination, even there is a seemingly bad event.
 
日本人も同じです。
The same for Japanese.
 
昔の日本人は、目に入るものはすべて神様の表れだと信じ、そのどれをも大切にしてきました。
In the past, Japanese people believed that everything they see was a manifestation of God, and cherished any of them.
 
理解できないことは、自分たちの思慮がまだ足りないからだとして、とにかく日々を穏やかに過ごすことを心がけてきました。
And what they couldn't understand it is because their thought is still insufficient, so they just have been trying to spend their days calmly to wait for chance to know.
 
僕が前回の記事で、イスラム精神の花嫁は日本精神ではないかといったのはこれが理由です。
This is why I said that the bride of the Islamic spirit is Japanese spirit in the last article.
 
すべてはアッラーによる創造であると信じてきたムスリムと、すべてに神性を見出そうとしてきた日本人。
Muslims who believed that all are created by Allah, and Japanese who have tried to find divinity in all creations.
 
この両者の融合は、人間存在にとっての真の喜びを具現する新しい世界を、きっと誕生させることになるでしょう。
The fusion of both of them will certainly create a new world that embodies the real pleasure for existence of human beings.
 
そのための第一歩が、まず友情を育むことです。
The first step for that is to nurture friendship between both.
 
まずは宗教を推し進めることも、またそれを否定することもなく、ただお互いの今のままを尊重しながら友情を育みます。
First, not promote religion or no deny it, just nurture friendship while respecting each other as their itself.
 
そうすると、今までわからなかったことがわかり始めるはずです。
Then we will understand what we haven't understood so far.
 
お互いが、自分の求めていたものを相手の中に発見するでしょう。
And we will discover what we were looking for through new friend.
 
日本人とは、それだけの資質を持つ民族だということを、ムスリムにはわかってもらいたいと思います。
I hope Muslims understand that Japanese are people with such natures.
 
そして日本人には、ムスリムは僕たちに「和」の心を思い出させてくれるありがたいパートナーだということをわかってもらえたらと思います。
And for Japanese people, I hope they would understand that Muslims are the thankful partner who reminds us heart of "WA".
 
 
日本人にとって大事なのは「和」の心であることを明文化した十七条憲法は、西暦604年に制定されました。
The "17 Articles Constitution" which clearly states that the heart of "WA" is the most important for Japanese people, it was enacted in the year 604 AD.
 
そして、預言者ムハンマドがヒラーの洞くつで初めてアッラーの啓示を受けたのは、西暦610年であると言われています。
And it is said that the Prophet Muhammad received the revelation of Allah for the first time in the cave of Hiller,it is the year 610 AD.
 
1400年もの昔のほぼ同じときに、中東と極東の地で現代にまで残る高い精神性が生まれたのは偶然でしょうか。
Is it a coincidence that the high spirituality that remained up to the present age was born in the Middle East and the Far East in nearly the same time of 1400 years ago?
 
僕はそうは思いません。
I don't think just so.
 
これは、僕たち人間存在がアッラーの元つまり天国へ帰還する際に、できるだけ多くの人々を巻き込むようにした慈悲深きアッラーの配慮ではないでしょうか。
It is a consideration of Merciful Allah who thought that as many people could be involved when human beings return to the source of Allah, that is to heaven.
 
僕にはそのように思えて仕方ありません。
And I have to think so.
 
 
世界中の人々がみな平安でありますように
Assalamu alaikum



[PR]

by tenpapa2013 | 2017-05-09 21:52 | イスラム教

<< 日食統合瞑想について Abou... 【5】日本人の信仰 Japan... >>