<   2013年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧   

幸せな生き方   

世の中を見ていると、周りと同じである事の方が人としての生き方より大事だと考える人が多い事に気付かされます。

周りの人が正しい生き方をしているならこの判断は正しいのですが、正しくない生き方をしている場合は世の中を正しくない方へ導く動きに加担する事になります。

周りに従う事で得られるのは、一人にならずに済む安心、つまり全責任を負わずに済む安堵感です。

しかし、周りに従う事をよしとする人が全て安堵な人生を歩んでいるかと言えばそうではありません。

逆に周りに人生を預けている人の方が、心配や不安を口にする場面を多く見かけます。

不満や愚痴を言う場面も多く見かけます。

周りに人生を預けて安心を得ているはずの人の方が、不安であったり不満を抱くというのはどういう事でしょう。

これは、周りの人が幸せであるかどうかに関わらず、ただ周りというだけで人生を預けてしまっている事が原因ではないでしょうか。

続きはこちら
[PR]

by tenpapa2013 | 2013-09-19 04:50 | 世界平和

もし死ぬほどお金があったら   

もし、死ぬほどお金があったらどうしますか?

好きな事だけをして暮らす、そう思いますか?

平和な世ならそれも可能かもしれません。

しかし世が平和でなく、そのお金を誰かが狙ってる、そう思ったなら恐らくとる行動はただ一つ。

「そのお金を誰かに取られないようにする」

幼い子供のような心理ですが、大抵の人はそのように動きます。

たとえば、もし1兆円のお金があったとします。

そのうち、1000億円を使う事で残りの9000億円を守れるとしたら、大抵の人はそのようにするのではないですか?


お金というのは、今まで採取した資源の換算値です。

資源はみんなのものと認識する人は、保有するお金の額は自分の役目を果たすために必要なものと捉えます。

資源を自分のものと認識する人は、それを自分の力と勘違いします。

そうして、その額にこだわりを始めます。


まずは、地球の資源はみんなのものという認識から始めるべきです。

そのためには、地球に意識があるという認識をみなが持つべきです。

実際地球には意識があります。

これだけの生命体を養うのだから、その意識は私たちのものよりはるかに高いところにあると考えるのが普通です。

これから、地球はただの土の塊ではなく、高尚なマインドを持った意識体であるという認識へのパラダイムシフトが起きます。

そのシフトに乗った人々は、先の質問にこう答えます。

「死ぬほどあるお金は本来あるべきところ、つまり公に戻す」

世が逆回転を始めようとしています。


[PR]

by tenpapa2013 | 2013-09-10 05:48

郡上のみなさんへ   

こんにちは。僕は、小林伸久というものです。僕は、東京の葛飾区という所から一年前に引っ越してきました。今は晴れて僕の妻となった八幡の出身であるアリサと、楽しく仲良く日々暮らしています。

今日は、僕から見た郡上がどれだけ素晴らしいかという事について話をします。


郡上は日本の真ん中に位置します。人口重心(一人あたりの体重を60kgとして計算したときの人口の重心が位置する場所)を記念して立てられた日本真ん中センターが美並にあります。地図を見ても、郡上は日本の真ん中である岐阜県の更に真ん中を占めており、美濃地方(岐阜県のうち美濃地方だけを見ると漢字の「山」のような形をしている。郡上は「山」の真ん中の棒の部分にあたります。)の更に真ん中を占める郡上は、まさに山国日本の中心であると言えるのです。

それを知ってか、郡上の方たちは日本人が忘れてはならないものをよく残して下さいました。それは、紬や染物などの工芸から、歌舞伎や踊りに代表される祭りや神事、そしておよしや宝歴の義民、凌霜隊の話にまつわる無私の心など、細々とではあっても多くの伝統が復活が可能な形で今も残されている事を僕は知っています。あちこちの土地で日本の心が失われていく中で郡上にそれが残ったのは、時流に負けずみなさんが日本人である事を貫き通したからです。自然様を敬い、ご先祖さまを尊び、ご近所と仲良く暮らしてきたから日本人らしさを郡上の地にとどめる事ができたのだと、僕は思います。恵みを当たり前とせず、感謝を忘れずに受け取ってきたから今の郡上があるのだと、僕は信じます。

僕は、郡上の人には日本を引っ張るという使命があるように思います。引っ張ると言ってもリーダーになるわけではありません。今までのように、ただ「日本人らしく」あればいいのです。「日本人らしく」とは、前にお伝えした「自然様を敬い」「ご先祖さまを尊び」「ご近所と仲良く暮らす」心の事です。今の日本が、猛烈な勢いで忘れようとしている日本人としての本懐の事です。郡上のお年寄りには、みなそれができています。僕たち若い世代が、何かを勘違いしました。僕たちは、日本の大切さをわかっていませんでした。謝ります。ごめんなさい。

これから、郡上が日本の心を失わずにいてくれた事に日本中のみんなが感謝する日がやってくると思います。郡上にいて日本人らしくある事は最も誇り高い行為だという事にみんなが気が付くはずです。その時まで、お体を大事にしてみんなで和やかにお過ごし下さい。


郡上のみなさん、愛してますよ


小林 伸久
[PR]

by tenpapa2013 | 2013-09-01 12:00