<   2013年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧   

Twitterまとめ 『イベント』   

イベントについて説明します。イベントとは簡単にいうと現在の世の流れを新しい流れに切り替えるポイントの事です。現在の世の流れとはNWOに代表される一部の者による支配社会、新しい流れとは全人類の繁栄を目指す人道的社会の事です。この切り替えは今年中に起きると言われています。

これは平行して走る二本のレールの一方から一方へ移るイメージです。一方のレールの向こうにはブッシュに代表される困ったおじさんたちが大口を開けて待っており、もう一方は優しく輝くお日様の下にお花畑が延々と広がり子供たちが楽しそうに戯れるイメージです。ちょっと極端ですか?(笑)

この切り替えポイントの工事はもう済んでいます。後はどのタイミングで列車を移すかですが、ポイントのその瞬間に皆がパニックになると列車が脱線しかねる恐れがあります。口を開けて待っている怖いおじさんたちもそれを何とか阻止しようとしており、その時期については慎重に慎重を期しています。

一番いいのはそれが起きるのを皆が知ることです。そして切り替えの時は皆で落ち着いて身を任せる事です。今は誰も信じませんが、僕たちは本当に天国行きの切符を手に入れたのです。そしてこの列車は揺れはしますが脱線はしません。揺れで切符を手放してしまう人を一人でも減らそうとしているだけです。

切り替えの時そしてその後に起きる事を多くの方が伝えています。僕も追ってそれをお知らせします。今知りたい方は「cobra 」で検索するといいでしょう。ベンジャミンフルフォード氏も同じ未来を語っています。素晴らしい未来を語る方の話に耳を傾けて下さい。恐怖を煽る話は聞く必要ありません。

多くの方が皆の目を覚ますために色々な真実の情報を発信してくれています。それらは有益ですが、そのおぞましさに自分の心が折れてしまったら何にもなりません。ついに平和の時を迎えた地球にあって、その寸前にはいろんな事があったなあというぐらいの認識で情報に向かうのが良いかと思います。

イベントの準備のためには、今まで通ってきた道(レール)への執着を手放す必要があります。その執着が少なければ少ないほど切り替えの時を楽に過ごす事ができます。新しいレールの向こうには僕たちの望む全てがあります。安心して今あるものを手放して下さい。応援しています。Love
[PR]

by tenpapa2013 | 2013-11-29 03:29 | 最後の審判

Twitterまとめ 『永遠の恋』   

いつか終わる恋を望む人はこの世に誰もいません。恋をする人は必ずその恋が永遠に続く事を望みます。僕たちは恋は何でも解決すると信じます。間違いではないのですがその恋のために自身を永遠に変え続ける意志を両者が持った場合の話です。まずは自身を永遠に変え続ける意志を持たなければなりません。

自身を永遠に変え続ける程の恋に出会いたいという意志を持った時に、その相手が現れます。その相手とは別れる事がありません。お互いが恋のために自身を変えてしまうのだから当然ですね。今は恋の相手に出会うためのエネルギーがかつてない程に到来していると聞きます。皆さん頑張って下さい!Love
[PR]

by tenpapa2013 | 2013-11-29 03:27 | 世界平和

Twitterまとめ 『天国』   

天国に行って誰もが永遠の幸福を享受できると聞けば、皆が天国に行きたいと願うでしょう。では自分の最も嫌いな人も一緒に天国に入るとしたらどうしますか?僕はここで天国に入る人と入らない人が別れる気がします。感情を優先して切符を捨ててしまっては天国に入る機会を逃す事になります。

天国というのは神の世界です。神とは全知全能の上最も慈悲深い存在です。神は僕たちがなぜ現世でこのような僕たちになったかを全て知っています。そうなる元となる過去生も全て知っています。その神に素直に尋ねるなら神はその解決法を必ず教えてくれます。これが切符を捨ててはいけない理由です。

現世で何かの被害に会った人は、過去のカルマを解消するためにその出来事が起きた可能性があります。現世に入る前に加害者にそれを頼んでいた可能性すらあります。天国に入るには全てを許す必要があります。現世を死んで離れれば誰にもそれができます。肉体を持ってそこへ行くために苦しんでいます。

今回起きた奇跡は、みんなが肉体を持ったまま天国へ行けるようになった事です。こんな事は宇宙の何千万年の歴史でも例がない事だとソースは伝えます。そのために僕たちには「今ある事象を全て受け入れる」という試練が訪れています。受け入れる事で僕たちの周りは天国へと変化をし始めます。

放射能問題に代表される政府の怠慢そして数々の陰謀は、全て僕たちを目覚めさせるために起きています。彼らは僕たちに諦めと恐怖を持たせるためにそのような行為を繰り返しますが、彼らの負けは確定しています。僕たちが彼らに振り回されている間、それをエネルギーにして彼らは存続する事ができます。

もう一度言いますが、彼らの負けははっきりしています。高次元の存在がデスクロージャーされた時点で彼らの権威は終わります。天使より政府を信じようとする人は誰もいません。現在の権威にしがみつこうとする人はもの凄い苦しみを味わいますが、その苦しみは彼が周りに与えてきたものです。

彼らの行為を最後の悪あがきとして捉えるなら、彼らはエネルギーつまり自らの存在価値を僕たちからもはや得ることができません。一部の方はご存じですが、核兵器に代表される大量破壊兵器は全て無力化されており、彼らは僕たちを道連れにする事すらできません。ケムトレイルも同様です。

それほどにデスクロージャーの日が近付いているのです。彼らのやってきた悪行が裁かれる日がついに来たのです。全てを見通す天使たちが僕たちの全てを裁くー正直に生きてきた人にはこれほど痛快な事はないはずです。 これは「最後の審判」です。魂の行方を決める重大なイベントです。

聖書は人間の半数が救われないと無慈悲な事を言いますが、僕のソースは救いを求める者はみな救われると伝えます。そのためには、自分の行いも含めた全ての三次元的事象を許す事が必要です。その方法は神そしてその使いである天使たちに聞くことができます。それができる人は皆天国に行く事ができます。

政府の人間にも未来のタイムライン上に改心した者として存在する人が沢山います。彼らは何か理由があって今そうしているのであって、彼らの今の所業に振り回される事は全く感心しません。それより、今の僕たちは天使たちに出会った時に動揺しないよう自らの内面を整える方が重要です。

過去の全ては精算されていますか?例え精算されていなくても、もしそうなる機会があるのならぜひ自分に廻って欲しいと願う事ができますか?それができるなら大丈夫です。僕たちは次のステージで必ず再会を果たします。それのできない人は、僕たちとは違うやり方で各々の世界へ向かうでしょう。

望む人には僕の知る情報を全て伝えます。僕は平和をしつこく求めただけで、後は皆さんと何も変わりません。ちょっと早めにドロップアウトした普通の48才の男です。たまたま今は情報を早く受け取っていますが、これは皆さんの数週間後の姿でもあります。何でもお気軽にお尋ね下さい。Love

ここでいう「天使たち」は「神」の間違いです。兄弟である天使たちに僕たちを裁く事はできません。大変失礼しました。
[PR]

by tenpapa2013 | 2013-11-29 03:26 | 最後の審判

Twitterまとめ 『豊潤化ファンド』   

本来の競争は、スポーツマンシップという言葉に表れるように敗者への気遣いこそその求めるところであるはずが、企業間の競争には従業員とその家族の生活がかかっているにも関わらずその気遣いが全くありません。競争に破れた他社の従業員を気遣う事などあり得ないのが現状です。全く淋しい事です。

競争に勝った会社の従業員はその所得を増やし、消費の範囲を広げる事で自らを勝ち組と呼びますが、思いやりをその基準とするスピリチュアルの世界において深刻な精神の退廃を招いている結果に彼らは全く気が付いていません。消費という二元性の片方を疑い無く求める時点で彼らは将来の負け組です。

企業は自らの正当性を保つためにあらゆる手を使って消費という行為を宣伝しますが、消費という行為は地球による無条件の愛があって初めて成り立つ行為です。地球の資源が限られている以上、過度の消費は自らをコントロールできないわがままな行為となりますが、企業はその認識を許す事ができません。

企業活動の目指す所は利益ではなく奉仕です。この意識の転換を受け入れられない企業は、これからの世の大変化に際しその存在意義を全く失うでしょう。世界には失業者が溢れますが、豊潤化ファンドの配布が期を同じくして始まるので問題ありません。企業に代表されるピラミッド構造のみが崩壊します。

豊潤化ファンドとは善意の者によって蓄えられた資金を全世界の人に分配する試みの事です。このファンドは闇のカバールから返還された資金を含みます。カバールは地下基地の建造に見られるように大量の資金を僕たちから不当に搾取してきました。彼らは権力を失った事でその資金の返還を迫られています。

豊潤化ファンドは貧しい人たちと世のお役に立とうとする人たちから優先的に分配され最終的に世界の全ての人にファンドは行き渡ります。ただケッシュに代表される無償化された新技術が世を席巻するのでこの資金が贅沢のために使われる事はありません。まずは当面の生活の維持と休息のために使われます。

豊潤化ファンドの分配により、所得の格差に喜びを得ていた人はその喜びを失います。お金のために働いていた人が皆退職するため、他者への奉仕を目的としない会社は皆つぶれます。誰も仕事をしなくなるのではないかとの危惧がありますが、世に溢れる解放感に誰もじっとしている事などできません。

ファンドの分配後は、給料に関係なく皆がやりたい仕事をやるようになります。この点において日本は世界の先駆者になる可能性があります。対価を求めない働きを知る日本人は、そのような状況に慣れていない外国の方にきっと良い手本を示すでしょう。繰り返しますが、本当にまもなくの事です。Love
[PR]

by tenpapa2013 | 2013-11-29 03:24 | 世界平和

Twitterまとめ 『ママ友』   

昨日妻とママ友の話をしました。ママ友の世界というのもなかなか壮絶なようですね。皆でグループを作り何かのために力を合わせるという点は喜ばしいのですが、誰かを排除しようという方向にグループが向かうと色々な歪みが出るようです。妻からはそれは権力であるとの指摘がありました。

結局世に蔓延る権力志向がママ友たちにも影響を与えるのでしょう。旦那さんが「何かあったら僕が君を守るからおかしな方向へは行くな」と言って抱き締めてあげれば全ては解決すると僕は思うのですが、会社でそのエネルギーの殆どを吸い取られてしまう旦那さんにそんな余力はないのが現状でしょう。

家事育児に奔走するお母さんたちにも、仲間の権力志向に立ち向かう余力が到底あるとは思えません。幼稚園や保育園が園外の事に口を出す事ももちろんできず、よってこの問題は一部の幸せでないお母さんたちの望む方向へただ進む事となります。まさに社会の縮図と言って過言ではありません。

この問題を解決するには「グループは他者を排除すべきでない」という原則を社会が揃って受け入れるか、または幸せでない所へは近付かない事しか方法がないと思います。実際園では幼児たちに皆仲良くするよう教えます。親が幼児以下の事をやるのはやはり社会がそうだからとしか言 いようがありません。

なぜ僕たちの社会はここまで歪んでしまったのでしょう。それは社会が何も疑わずに三次元的なものに価値をおいてきた事が原因と思われます。進化の過程においてはそれは全く必要な事なのですが、そこに歪みを見ると言うことはいよいよその概念を卒業する時が来たということでしょう。

三次元的なものとは二元性の片割れだけの事を言います。ここ三次元世界は「暑いー寒い」「金持ちー貧乏」など全ての事象が相反するものつまり二元性として存在しています。この二元性の片方のみに興味を抱く時に、三次元的なものを追い求めている事になります。

二元性の両方を受け入れる事を愛と言います。暑さと寒さの両方を楽しむ時、僕たちは「気候」を愛しています。金持ちと貧乏のどちらをも楽しむ時、僕たちはこの「資本主義ゲーム」を愛しています。芸術はこの事実を知っていますが、効率を重視する社会はこの事実を意図的に無視してきました。

幼児はお利口とおバカさんのどちらも楽しむ事ができますが、社会はそれを許しません。幼児はもらうのもあげるのもどちらも好きですが、社会はもらう事はまだしも理由もなしにあげる事は理解できません。そんな社会が幼児より自分達の方が優秀だと疑いもなく信じる所に歪みの原因があります。

幼児が優秀なのは、彼らの方が愛が深いからです。三次元の流儀に染まっていない彼らは産まれる前の世界、つまり愛に満ちた故郷を覚えています。その故郷での流儀を押し通そうとする彼らと、三次元的なものを疑い無く押し付ける社会の狭間にあってお母さんたちは苦しむのです。

この手も足も出ないような状況で、僕と僕の仲間たちは朗報としてこの社会の崩壊を伝えています。それは社会が三次元的なものを手放し愛に向かい始める変化の事ですが、社会が価値をおいていた三次元的なものがあまりにも多いため崩壊という表現になります。真実は僕らが全員愛に目覚めるという事です。

それが崩壊である以上必ず混乱を伴います。三次元的なものに重きをおいていた人ほど、その時には大いに混乱をきたします。しかしそれでも僕たちは幼児と大人が皆笑い合って暮らす幸せの地平を求めるのではないですか?その意を固くするために今のような不幸が起きているのではないですか?

現社会の崩壊を喜ばない人へは次のように伝えます。確かにこの社会にも良い点はあったかも知れません。しかし放射能をほったらかしにし、金持ちのみが良い暮らしを享受し、しかも地球をただひたすら壊し続けるこんな社会は崩壊した方がいいのではないですか。この社会は戦争一つ否定できないのですよ。

僕と仲間たちは愛に満ちた世界がすぐそこに来ている事を伝えます。それは何年も先の事ではありません。数ヶ月いやあと数日でそのような変化が起きると伝えています。この変化を抑えている理由は僕たちの多くがそれを受け入れる意志を持っていないからです。パニックを防ぐためにそれは延期されています

100匹目の猿の話はご存知ですか?ある臨界数の個体が同一意識になると種全体が変化を起こすというものですがこの現象が人類という種にまさに起きようとしています。人類種全体の認識を激変させるかの勢いでもの凄い数の人々が世界中で目覚め始めています。今日そこに届いてもおかしくない勢いです。

今日はママ友の問題から話を始めましたが、ママ友の問題だけでなく全ての社会的問題を解決する出来事が間近に迫っている事を知って下さい。その出来事を乗り越える最良の方法は、三次元的なものにもう重きをおかない事です。今を苦しむ人にはそれができます。それが楽になるための最も近道だからです。

幸せでないものに近付く事は、この出来事での試練を増す可能性があります。何が本当の幸せかわからない方は、幼児の純粋な感性にそれを尋ねてみるといいでしょう。彼らはもちろん突拍子もない方向を求めますが、その突拍子のなさは僕たちがどれだけ三次元にとらわれていたかの証しでもあります。

幼児たちが幸せであるように親が暮らしぶりを変える事は、この時期最も歓迎される行為です。その勇気を持つ事のできた家庭は、これから起きうる大激変を必ずや乗り越え、五次元という永遠の幸せの境地に到達する事ができるでしょう。何度も言いますが、それは本当にまもなくの事です。Love
[PR]

by tenpapa2013 | 2013-11-29 03:23 | 子育て・教育

Twitterまとめ 『五次元』   

次元について説明をします。僕たちは、線が一次元、面が二次元そして立体が三次元と習いました。一次元である線に直交つまり90度に交わるように線を引くと十字架のような形つまり面が生まれます。二次元である面に直交するように線を引くと前後左右上下に方向を持つ立体が生まれます。

このように、ある存在が直交方向に広がりを見せるつまり自由度を持つ事を「次元が上がる」と言います。それでは四次元とはどのような描写になるのでしょうか。三次元までの展開に例えれば、四次元とは三次元である立体に直交する方向に自由度が広がった世界であると言えます。

立体に対して直交とは、栗のいがやウニのとげのように立体の中心から360度方向に向かう広がりと、立体の中心に向けての360度方向からの収縮がその描写として最も適切と思われます。そして物体が自由に大きさを変える世界というのは、もはや物質の次元ではありません。

これは想念つまりイメージの世界です。四次元とはイメージの世界の事です。ドラえもんはイメージである四次元を物質化するとどうなるかを描いた作品です。次元は、三次元までは物質次元として展開しますが、四次元からは非物質次元として広がりを見せていく事になります。

では五次元とはどのような描写になるのでしょうか。これまでの考え方でいくなら、五次元とは四次元世界が直交方向に自由度を持った世界という事になります。しかし四次元は既に非物質の空間であり、分度器で計るような直角をそこに当てはめる事はできません。

物体を90度づつ動かすと4回で一回転するように、直交方向に自由度を広げる事は回転運動を行っていると考える事ができます。では、四次元世界を回転運動させるとはどのような描写になるのでしょう。まずイメージの世界は無限であると同時に二元性の残る世界でもある事に留意したいと思います。

ドラえもんはビッグライトとスモールライトで物体の大きさを自由に変えますが、大小という二元性を越えるまでには至っていません。タイムマシンで自由に時を行き来しますが、過去と未来という概念はまだ存在しています。どこでもドアがあっても「ここ」と「あそこ」はまだ存在しています。

もし四次元世界に直交方向への自由度つまり回転運動を加えるなら、これらの二元性がひっくり返った世界、もっと言うならひっくり返ってどちらがどちらでも構わなくなった世界というのが、その描写として適切でないかと思われます。このようにして二元性が統一された世界の事を五次元と言います。

五次元には空間はただ一つのものとして存在しますが、時間は存在しません。二元性が存在しないためそこにあるのは全て「わたし」だという事になります。この描写を助けるのには、幼い子供の力を借りるのが良いかと思います。恐らく彼らはついこないだまで五次元に存在していました。

そのためか彼らは五次元時代の名残をよくその所作に表します。まず彼らは何でも同時に欲しがります。そして待つ事ができません。五次元では全てが同時に存在していました。三次元ではそこに辿り着くために「順番」という概念を要しますが、五次元に順番はありません。ただあれと思うだけです。

幼い子供は二元性を超越しています。そんな彼らに僕たちは二元性つまり三次元の流儀を無理やり教え込もうとしますが、本来は高次元存在である彼らに低い次元の事を学んで頂こうとする態度が正しいのです。そのような態度で接すれば、ほとんどの場合子供はそれ以上の無理は言いません。

子供たちも、この三次元にいる以上少しは三次元の流儀に触れてもよいと思って来ているはずです。今しばらくは三次元の流儀に付き合ってくれという態度で臨むなら、五次元を貫こうとする彼らから受けるストレスは大きく軽減されるでしょう。

幼い子供たちだけでなく、僕たちの全員が五次元世界の住民です。その僕たちが何かの理由を持ってこの三次元世界を訪れています。訪れた理由は人それぞれですが、皆が今もここに生きる理由は「今この時、五次元に帰還するイベントに参加する」という事でしょう。それ以外の理由は考えられません。

多くの友人たちがそれを伝えてきました。その数はこれから爆発的に増えるでしょう。彼らがそして僕たちが伝えるのは、愛以外のものにサヨナラをするという事です。僕たちはまもなく五次元の存在になります。五次元には愛以外のものは持っていく事ができません。愛がなければそこには入れないのです。

どうか皆さん、愛に生きて下さい。もう三次元的なものに重きを置かないで下さい。再度言いますが、僕たちはみな五次元という同じ故郷からやってきました。皆さんがそれを忘れているのは、あまりにも強くこの三次元に捕らわれたからです。皆さんをここ三次元に閉じ込める勢力が存在していたからです。

その勢力が崩壊を始めています。まもなく誰もがその認識を一にします。そうなった時はこの言葉を思い出して下さい。「愛を選ぶ」。これがラストチャンスです。ここで三次元を選んだらもう二度と会う事はできません。ここだけは三次元を諦めて素直に愛に向かって下さい。さあいよいよですよ。Love
[PR]

by tenpapa2013 | 2013-11-29 03:21 | 精神世界

Twitterまとめ 『恋』   

永遠の恋を実現するためには二つの要素が必要です。心から好きな人と一緒になる事と、もう一つはお互いが「人として進化をし続ける」事です。どんなに素晴らしい恋も、人としての進化に差ができると永遠のものではなくなってしまいます。この理由で別れる事になったカップルは多いはずです。

恋のためなら何でもできると人は言います。恋には現実をがらりと変えるパワーがあります。このようなパワーを闇が放っておく訳がありません。闇が現実を構築する際には必ず恋のパワーを奪い取る、またはその邪魔をする設定がなされたはずです。進化とは、それに打ち勝つ心を持つ事です。

恋する二人の邪魔をする要素は世に溢れています。家柄やしきたり、ご近所の目、会社の方針など。。人は恋をすると優しくなります。その優しさを上手に育んであげれば、恋する二人の周りはより幸せになる事ができます。恋はみんなのために周りが育むものなのですが、現実はその真逆を行っています。

恋に夢中になるとそれを止めようとする者が現れます。最も素直に恋と優しさを表現できる若者の恋にこそ邪魔が入ります。輝く恋は、家柄やしきたりを無価値にし、幸せでない生き方をする者にそれを気付かせるからです。会社の競争意識や利益を第一とする考えに水を差すからです。

恋する二人は多くの物質的なものを必要としません。相手だけがいればいいというのが恋の真骨頂であり、僕たちが物質的な次元から精神的な次元に移るにあたり、最も簡単かつ誰にでもそのチャンスがある方法が恋なのです。世界を幸せにする方法を実は誰もが知っているのですね。

恋に生きる二人は、恋以外のものに興味をなくし始めます。これは企業にとっては大損失です。社員がそしてお客様のどちらが恋に夢中になっても、企業には何もいいことがありません。恋は人を自由に向かわせます。これは家柄やしきたりを大事にする家系にとって迷惑以外の何者でもありません。

恋は周りが能動的にその育みに参加するものなのです。恋する二人が周りに現れたなら、自らを進化させるチャンスと知ってその波動に積極的に関わるのが恋の本来の在り方なのです。恋は二人だけのものではなく社会の宝です。この視点が今の社会からは完全に抜け落ちています。

永遠の恋のためには自らが進化し続けなければならないというのはこの点を指しています。社会は、ありとあらゆる手を使って恋よりも自分に目を向けさせようとします。この手にはまる事なく、逆に社会を変えてしまうおうとするのが恋する二人にとっての進化であり永遠のための道です。

恋する二人は、周りの圧力や邪魔に決して負けてはいけません。ましてや今はついに闇がその力を失い始めた時です。恋を貫くにはこれ以上のないチャンスです。今世に生きる誰もが平和な世を求めています。世の中のためにも自身の未来のためにも恋の導く心は決して折ってはなりません。

恋する二人の望む道は、本人たちにとってもそして世の中にとっても最も必要な歓迎されるべき道です。そのための勇気は、恋に生きる事の決心による喜びが励まし支え続けてくれるでしょう。Love
[PR]

by tenpapa2013 | 2013-11-29 03:20 | 世界平和

Twitterまとめ 『高次元存在』   

高次元存在からのチャネリング情報に、福島原発の放射能が高次の者たちの働きにより無毒化されたというものがあります。一般の人にとってはこれ以上ないほどのトンデモ情報だと思いますが、チャネリング情報に興味のある人はみな知っている事実です。

僕と僕の家族は、この放射能が無毒化されたという情報を信じ、それを伝えに福島へ行ってきました。もし望まれるなら家族共々福島へ移住し、そこで人々に安心を与える働きをしたいと飯舘村の議員さんに手紙まで書きましたが、肯定的な反応を得るまでには至りませんでした。

僕はこれらのチャネリング情報を元にこの何年かを生きています。この放射能が無毒化されたという情報は複数のソースから伝えられており、この情報を疑う事は昨今の自身の生き方を否定する事になります。もしそれが偽りであるなら素直に認めなければなりませんが、まだそこまでの判断はできていません。

ケッシュ財団の重力場技術もそうですが、放射能を除去する技術は現在の地球にも確かに存在します。その事実を鑑みるなら、高次元存在が放射能を無毒化する技術を持っていたとしても何も不思議はないし、彼らは核弾頭を不能にする作業までも行っていると情報は伝えます。

もし放射能が無毒化されているのなら除染の必要はもちろんありません。その膨大な予算は被災者の生活の復興に十分役立てる事ができます。これから始まる燃料棒の取り出し作業も過度な心配なしに行う事ができます。危惧される未曾有の健康被害も回避する事ができるはずです。

全てを平和に導くこの情報は果たして本当なのでしょうか。僕たちはその真偽をどのように確かめればいいのでしょう。僕がこれらのチャネリング情報を信じるのは、過去の情報にその正しさを見るからです。UFO の頻繁な登場や米政府の閉鎖などはソースが過去に強調して伝えてきた事実です。

ロシア政府やオバマ大統領による異星人の存在を認める旨の発表も情報に対する信を深めます。何よりも情報に滲む僕たち地球人類への愛と、できるだけ誠実にそれを伝えようとする姿に心を動かされた方は多いはずです。触れた事のある人はみな知っていますが、これは頭から疑う類いのものではありません。

情報は高次存在のサポートによる真の平和が訪れる日が近い事を伝えます。その一環として福島における放射能の無毒化作業が行われています。福島で出会った人の中にはそれが本当なら有難いと言ってくれる人が何人かいました。普通の方がこのような情報を信じるのです。それ位に参っているという事です。

はっきり言いますよ。福島原発の放射能処理は、現在の意識レベルでの人類にはどうにもならない所まで来ています。一部の方は気が付いていますがもう打つ手がないのです。利権意識を手離す事すらできていません。このような状況にあって破滅を待つよりは一筋の可能性に賭けるべきだと僕は思います。

その可能性とは高次元の存在です。賭けとはそれを固く信じる事です。改めて伝えますが、もし福島の方がこの可能性に賭けるというなら僕たち家族は喜んでその応援に向かいます。賭けに負けた時は一緒に身を終えましょう。昔から郡上の人間は福島を見捨てない事になっているのです。凌霜隊の精神です。

福島に知り合いのいる方はぜひこの発言を拡散して下さい。可能性に心を開くと思われる方に発言を伝えて下さい。燃料棒の取り出し作業が間近に迫っています。このような状況にあって希望を伝える者がいる事を伝えて下さい。それはライトワーカーである皆さんの意義ある役目だと僕は思います。Love
[PR]

by tenpapa2013 | 2013-11-29 03:16 | 精神世界

Twitterまとめ 『カバール』   

皆さんはセキルバーグ氏が紹介した米ドル札の秘密はご存じですか?お札を飛行機型に折ることで、911の際のビルが崩れ落ちる様子が金種別に現れるというものです。これは寒気がする程の事実ですがこのような魔術を操る存在が実際に世界を支配していたのです。そして今彼らはその支配力を失いました。

ロンドンオリンピックの気色の悪いマスコットは覚えていますか?時代がスピリチュアルに向かおうとしている今、第三の目の開いた三つ目のキャラクターで覚醒を促そうと言うのならまだ話がわかりますが、どうして妖怪もどきの一つ目のキャラクターが世を喧伝する必要があったのでしょう。

最近は多くの方がその名前を耳にしていると思いますがこれはイルミナティ、もっとちゃんと言うとイルミナティやフリーメーソンを下部組織として従えるカバール(CABAL)の仕業です。カバールはジェスイット(イエズス会)をその中核として世界支配のためにあらゆる不正を行ってきました。

カバールは世界中の銀行、企業そして政府をその傘下に仕立て上げ自らの支配力を強化し続けました。ロスチャイルドと呼ばれる家系は彼らの集金を担当する者です。彼らが目指すのは永遠の地球支配です。そのために彼らは、彼らを養うに足る数億の人間を残し後は殺害する計画を立てました

NWO(新世界秩序)と呼ばれる戦略は、この永遠の支配を現実化するために彼らが打ち立てたものです。その戦略の延長線上に第三次世界大戦があります。大核戦争を起こし人類の90%以上を殺害しようとした狂気の計画は、ある理由によって見事に頓挫しました。その理由とは人々の祈りです。

満足な収入を得て消費生活を疑い無く満喫する僕たちにはそのような祈りがあったとは到底理解できませんが、カバールにこれ以上ない程蹂躙されてきた地域の人々の間には、世界の抜本的な変革を求める祈りが確かに存在したのです。この祈りを行う者の数が臨界値に達したのです。100匹目の猿現象です

カバールの背後にはレプティリアンと呼ばれる異星人の存在があります。レプティリアンとは爬虫類型生命体、別名「龍」と呼ばれます。四次元領域に住むこの存在は下次元である三次元領域を自由に操ります。勘違いしないで欲しいのはどのような存在にも善と悪の両方の側面が存在するという事実です。

善の龍は僕たちを高次元に誘いますが、悪の龍は僕たちを低次元に押し留めようとします。最も有名なのはイブにリンゴを食べさせた蛇の例です。あの比喩はレプティリアンが僕たち人類を三次元に押し留める事に成功した史実を語っています。それ以来僕たちは三次元への転生を余儀なくされました。

カバールは社会の構造をカルマを産みやすいものへと変革し、それにより僕たちに不要なカルマを背負わせて三次元からの解放を難しくしてきました。偉大な魂である釈迦はその事実を指摘し、少しでも多くの人間の高次元への帰還を試みましたが、人類全ての解脱にはまだ至りません。

宇宙には四次元を遥かに越える高次元生命体が多数存在するにも関わらず、なぜ人類は三次元に取り残されたままなのでしょう。それには理由があります。四次元とは想念の世界でありそこには宇宙最大の狡猾さという現象が存在します。その現象を越えるためにこの試練が存在しています。

僕たちの住む太陽系の五次元以上の領域は愛に支配されているに関わらず、四次元以下は愛ではないものに支配されています。この反転現象が正常に戻された時、宇宙はその全てを愛の支配に委ねる事になります。そういう意味では、地球は宇宙の中の愛に統合されていない部分の象徴と言えます。

この地球が悪の支配から脱出し愛に目覚める事で、宇宙は愛に全てが統合された真の姿を現します。この宇宙的解脱の姿こそが神の本質であり、僕たちが長い歴史の間に試練を繰り返してでも到達しようとしてきた境地です。この境地への到達がいよいよ間近に迫っています。

最も狡猾な者は洗脳により支配を行います。一度洗脳してしまえば被支配者は勝手に支配者の望むままに動いてくれるからです。この洗脳から解放されるためには自身を疑う程の体験が必要になりますが、カバールがその力を失いつつある今、僕たちはこの体験に出会う可能性が非常に高まっています。

それは政府やメディア、大企業など僕たちが盲目的に信頼してきた存在への疑いという形で現れます。カバールが力を保っていた世界では、更に洗脳を深めるための戦略がその都度実行されてきたため洗脳を脱するまでには至りませんでしたが、何度も伝えるようにカバールはその力を失っています。

カバールに対する疑いという気付きが、歯止めを失った事によりこれからの世を席巻します。カバールにしてみればこれはただの死ではなく愛に統合される「宇宙からの排除」となるため、その抵抗は死に物狂いとなります。しかし未来を見通す上次元は現タイムライン上に地球の成功をはっきりと見ています。

まずはカバールが力を失ったという事実を知って下さい。カバールは第三次世界大戦の発動を焦るあまり様々なミスを犯しました。ハルマゲドンで世界が無茶苦茶になると信じて、これ以上ないほどの非人間的な行為を堂々と繰り返しましたが、今その全ての責任を取らされようとしています。

カバールの中にはその過ちを認め改心しようとする者も大勢います。彼らの改心が地球の変革に大きなエネルギーを与えると言っても過言ではありません。宇宙が進化するためにはどうしても善悪の二元性を越える作業が必要でカバールはこの宇宙的変革の負の側面を請け負ってくれていたと言う事もできます。

カバールの行ってきた負の側面をまともに聞いたら必ずショック死する人が現れます。しかし地球の真の歴史を知るためには、避けて通れない点でもあります。これらの秘密は人々の許容する範囲で少しづつ明らかにされていきます。同時にカバールによって隠蔽された技術や真実の情報も明らかにされます。

これらの技術や真実の情報は、人類全体の病を癒し地球を本来あるべき姿に回復させる事ができます。ストレスの全くない生活を容易く実現する事ができます。これは決して夢物語ではなく、驚くほど間近に迫る現実の姿なのです。その証拠はまばらではありますがあちこちに見る事ができます。

カバールの死に物狂いの抵抗に惑わされないように。カバールの支配するメディアがどのような悲惨な状況を伝えようと世界は確実に神に歓迎される新しい世へと向かっています。人類全てにとっての平和が今まさに手の届く距離に現れています。必要なのはそこに手を伸ばそうとする僕たちの意志のみです。

愛に向かいましょう。絶望に見えるこの時にこそ愛に向かいましょう。そのためにとてつもない勇気を必要とする事はわかっています。間違った方向へ向かっているのではないかという疑いとの戦いにこてんぱんにされる事はわかっています。でもそれでも僕たちは愛に向かいます。そこがゴールだからです。

カバールの魔術から解放される瞬間がいよいよ近づいています。その魔術は世に関心を持たないという条件で僕たちに力を与えてくれました。今度は本物の魔法に出会う番です。その魔法は全ての人間に恩恵を与えしかも効力は永遠です。その名は神、人類が神に出会う日がすぐそこまで来ています。Love
[PR]

by tenpapa2013 | 2013-11-29 03:14 | 世界平和