<   2013年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧   

異次元存在について   

異次元存在について話をする前に、まず次元について説明をします。

僕たちは学校で線は一次元、面は二次元そして立体が三次元と習いました。

一本の線に直角に交わるように線を引くと十字になります。十字というのは面ですね。

次に十字という面に対して直角に交わるように線を引くと今度はコマのような立体が生まれます。

このように、ある存在が直交方向に自由度を広げる事を「次元が上がる」と言います。

次に四次元を考えてみます。

続きはこちら
[PR]

by tenpapa2013 | 2013-12-25 01:15 | 宇宙人

Twitterまとめ『芸能界』   

芸能人が持つパワーには計り知れないものがあります。例えばジャニーズのタレントが真摯にお願いしたら殆どのファンは言う事を聞くでしょう。社会を変革する力を持つ芸能界を闇が放っておく訳がなく、よってこの業界は反社会的勢力の的となります。 http://saigaijyouhou.com/blog-entry-1401.html …

芸能とは人を惹き付ける事で成り立つ業界でもあります。さすがに反社会的勢力に惹き付けられる人は少ないため、これらの勢力は影に隠れて影響を及ぼす事になります。芸能界は闇の意向を受けその意向に沿う形で進化を続けてきました。その構図が半グレと呼ばれる勢力の台頭により崩れようとしています。

関東連合と呼ばれるグループはその代表格です。暴走族から始まったこのグループは芸能界に人脈を築き業界に影響力を与えるようにさえなりました。彼らの勢いは相撲や歌舞伎という日本の伝統すら貶める程でしたがその勢いも現在では失われつつあります。彼らの間に内紛が起きているのも皆の知る所です。

暴力団は組が構成員の面倒を見ますが半グレと呼ばれる者たちはそういう訳にはいきません。シノギに困った者の中には目の前のネタに向かう者が現れます。特筆すべきは彼らはその汚れ仕事を一手に引き受けてきた事実です。ある意味最も内情を知る彼らが真相を語り出したら業界はパニックに陥るでしょう。

その他に彼らは、人々の憧れの存在を自らの欲望のために利用してきたフシがあります。憧れの存在に彼らがしてきた事が明るみに出たら世の中は騒然となるでしょう。どんな大人しい者も恋については命知らずになります。ファンと呼ばれる人を激しく裏切った者は二度と外を歩く事ができなくなるでしょう。

芸能界の展開する世界は幻想です。業界がプロデュースする芸能人は本当の彼らではありません。それはお話の登場人物に恋をするようなものです。 芸能界は人々に与える影響が大きいためその真実の公表には留意を重ねる必要がありますが、それでもデスクロージャーの波から逃れる事はできないでしょう。

人々の憧れを私物化したツケは彼らに大きくのし掛かります。「イベント」後反社会的勢力が無力化した暁に彼らはそのツケを支払う事になります。虚飾を生業とする芸能界はイベント後に存続する事はできません。心以外のものを売り物にした芸能人たちは人々の記憶から急速に消え去るでしょう。Love
[PR]

by tenpapa2013 | 2013-12-19 04:12 | 世界平和

Twitterまとめ『社会の行く末』   

「宇宙の事を考えるとバカになるからやめろ」、そう親に言われたと子供の頃友達が言ったこの言葉が大人になった今も強く頭に残っています。この子の親御さんはきっと真実を知っているのでしょう。だからわざわざ生きにくくなる方へは行くなという想いで自分の子供にこの言葉を伝えたのだと思います。

生活つまり生き抜く事を第一とするあまり真実から遠ざかる例が世の中にはごまんと溢れています。まずは生き抜かなければしょうがないだろう、そう言われれば大抵の場合はそれに従うより仕方ありません。しかし生活のために真実を遠ざけた事実を忘れてしまっては生きるための指針を失う事になります。

生き抜く事つまり命を守るために真実を忌避するならまだしも生活様式というスタイルのために真実を遠ざけるのは問題です。これは人である事より社会人である方が大事と言っているのと一緒です。問題のない社会ならそれで構いませんが問題だらけの社会にあってその選択は賢くないと言わざるを得ません。

社会というのは実はあちこちに存在しています。そして社会人として認識する時の社会は政府に運営される社会の事です。政府に運営される社会に属する事を僕たちは人としてよりも重要視しているのですよ。TPPについて簡単に寝返り秘密の保護を決めたあの政府にです。問題が起きない訳がないでしょう。

要は真実を遠ざけたのは命を守るためだった事をみんな忘れてしまってるのです。真実と違う道へ行く時の砂を噛む想いが伝えられてこなかったのです。そうでなければここまで真実から遠ざけられているのに不安を抱かない訳がありません。みんながそうだからという理由で安心してしまっているのでしょう。

これは川の流れの先に滝があるのと一緒です。豪華客船に乗っている人たちは岸にいる者が先に滝があると言っても気が付きません。逆にその様子を見て船に乗らない彼らを蔑したりもします。周りが慌てていないのを見て彼らは悠々と過ごしますが、川の流れというのは滝に近づくにつれその速度を増します。

彼らの中にいるまだ真実を知る者はこの先に滝や氷山がない事を確かめようとしますが、そのような事は興醒めになると周りの反対に出会います。我慢のできなくなった彼は救命ボートで飛び降り残った人たちは不安を吹きとばすためにますます贅を尽くすようになります。何の事を言っているかわかりますか?

滝が間近に近づくにつれ、さすがに船にいる人の中にもその気配を感じる人たちが現れます。しかし多くの人は真実と向き合うのを恐れ、滝の音が聞こえないよう窓を開放しない事で誤魔化します。滝の話を船内でする事も許しません。そのような者は牢屋に閉じ込める事ができるようルールを改正し始めます。

船の舵をとる者に策がある訳ではありません。彼らはあまりにも自分を正当化し過ぎたために何をしていいかわからず固まっているのです。滝がある事実を認めたくない者同士が集まって真実を知る時間をただ先延ばしにしています。「ごめんなさい」をすれば全て解決するのに彼らにはそれだけができません。

舵をとる者が素直に過ちを認めたら物凄い数の人がこの災難から救われるでしょう。そのためにはどんどん真実を伝える事です。滝の事だけでなくどうしてそれを認めなかったのか、何で船から降りなかったのか、そもそも何でこの危険な航海が始まったのか等各々が知る各々の真実をどんどん公表する事です。

新しい船が用意されている事もぜひ伝えましょう。その中身を知ったら誰もが新しい船に移りたいと思うはずです。今まで船から降りるなと、人に無理強いをしてきた人には少々試練かも知れません。中には自分の命をもってそれを償おうとする人もでてきます。彼らが謝りやすい空気を作る事は大事な事です。

新しい船にはストレスを根本からなくすための装備が多々なされていると聞いています。積み重なったストレスが消散し心の底から自身を癒した者同士は誰もが皆良い友人になるでしょう。それこそが僕たちの真実です。空っぽになった「真実でない号」が沈みゆく様を皆で見る事は僕の永遠の夢です。Love
[PR]

by tenpapa2013 | 2013-12-19 04:12 | 最後の審判

Twitterまとめ『プロレス』   

実は僕はプロレスファンです。プロレスについては色々な見方があるのを知ってますが、僕にとってのプロレスとは対戦相手と共にランナーズハイ状態になる事で生まれる奇跡の表現です。レスラーは今まで何をされたかを思い出すだけで死んでしまうのではないかと思う位奇跡のオンパレードだと思いますよ。

格闘技を含め競技と呼ばれるものは相手からダメージを受けないように戦うのが普通です。ダメージをできるだけ少なくして戦う事はセオリー以前の問題です。しかしプロレスはお互いにダメージを受け合う所から始まります。見せ場を作るためと、あとはそうしないとランナーズハイが始まらないからですね。

ダメージを受ける事を前提に体を作るのだからプロレスのトレーニングは壮絶を極めます。また他の格闘技と違ってプロレスには巡業があります。通常格闘技は年に数回の試合に備え練習を重ねて体を作りますが、プロレスは練習の他に巡業を通して日々試合を重ねる事でビッグマッチに向けて調子を整えます。

プロレスはガチンコでないという話をよく聞きます。例えばビッグマッチを控える選手に致命傷を与えるような真似を普通レスラーはやらないので、そういう意味では確かにガチンコではないかもしれませんが、遺恨などがあると平気で裏返ってしまう所がプロレスのいい加減な所であり魅力なんだと思います。

そう、プロレスの魅力とはいい加減さなのです。八百長かと思えば他のどんな競技も敵わない程の真剣勝負をやってみたり、プロモーターを兼ねるレスラーが勝負の最中に契約をちらつかせたり。大体反則が5秒までOKというのが普通には理解不能でしょう。プロレスファンは皆その意味を知ってますが。。

反則がOKという事は勝ちたい奴は必ず勝てるという事です。しかしレスラーはそんな事はしない。なぜならレスラーが目指すのは勝利よりヒーローだからです。レスラーは魅力が表現されているなら負けたっていいのです。重要なのは勝利よりどれだけ夢を与えたか、そこが他の競技と決定的に違う点ですね。

プロレスはスポーツかエンターテイメントかという議論がなされますが、プロレスはスポーツによる勝負を通して人生を表現するエンターテイメントだと思います。このどちらにも線を引けない所がプロレスのいい加減さであり魅力です。表現が勝敗に勝る時があるというのが優しく賢くて僕は大好きですね。

レスラーは鍛えすぎの面もあると思います。鍛えすぎの上にランナーズハイなので現実の事だと思わないのですね。僕は今日三沢小橋戦やKenta丸藤戦の動画を久々に見ました。相手を強く信頼するが故に普通に見たら殺し合いのような事をやっちゃうんでしょう。本当はお互い大好きなんだと思いますよ。

また、レスラーとは愛にとても正直な人たちであるようにも思います。それは対戦相手への愛、お客さんへの愛、そしてプロレスという競技に対しての愛ですね。毎日蹴られ殴られ頭から落とされしかもお金もそんなにいい訳ではない、これは最も大変な仕事の一つです。愛がなければやってられないはずです。

きっと大変過ぎて本当に好きな人しかやらないのでしょう。だからかも知れませんがレスラーはみんなどこかに明るさを持っていてそこに安心と尊敬を抱くのです。恐らく彼らはスポーツマンシップの大将たちで、だからスポーツマンシップと真逆に見える行為も安心して見られたりするんでしょうね。Love
[PR]

by tenpapa2013 | 2013-12-19 04:10 | 世界平和

Twitterまとめ『日本魂』   

海外での日本人の活躍を見ると理解できますが、日本人の良さは友のために身を投げ打つ所にあると思います。友を必死に庇いそして友に最後まで寄り添う、そのような姿を見て多くの外国人が僕たちに信頼と尊敬を寄せてくれました。そんな僕たち日本人に最後まで友人でいて欲しいと願う存在があります。

アメリカですね。表面上は思い切り歪んでしまった両者の関係ですが、国の魂において日本とアメリカほど繋がりの濃い関係はありません。日本は、表面にいる一部の者のために史上最悪の爆弾を落とされましたが、それでも心から彼らを許しました。そしてアメリカの魂は何が起きたかを知っています。

アメリカという国は、世界が大きく変わるこの時世界で一番厄介な存在になる必要があったのでしょう。それはアメリカのカルマではなく人類全体のカルマだったかも知れません。そして誰かが周りのカルマを背負う時、それを絶対に放っておけないお人好しが世界には存在します。日本ですね。

友人であるアメリカがその役目を追うと決めた時、日本はその友に最後まで寄り添う事を決めたのでしょう。ちなみに僕は表面上の歴史の話はしていません。その背後に佇みながら歴史や出来事を己として懐く魂の話をしています。闇に乗っ取られる事を承知でこの地球にやってきた国体という神々の事です。

そう考えると、なぜこれ程までに日本はアメリカの言いなりになるかが良くわかります。日本は決して言いなりになっている訳ではありません。付き合っているのです。アメリカという友人が一人ぼっちにならないように、世界の全てが目覚めるその最後の最後まで彼に付き合うと覚悟を決めているのです。

その覚悟を闇は悪用してきました。アメリカという国を奥底から乗っ取り、彼の国の最も優秀な資質である「正義」を狡猾な形で封印し自らの計画を推し進めてきました。もちろん日本が絶対に見捨てない事を計算した上です。しかし世界が目覚める前に全てを洗脳しようとした闇の計画は見事に頓挫しました。

聖書、コーラン、ひふみ神示その他多くの予言が伝えてきたように、全ては神の計画だったのですね。地球を舞台に宇宙中の闇を昇華する計画、僕たちはその計画に乗ったのでしょう。純粋な好奇心から、または自らの魂の成長のために、各々の理由を携えてこの壮大な三次元ドラマに参加したのですね。

気の毒なのはこの壮大なドラマのクライマックスにおいて国を売る役目を追った人たちです。もしそれを自らの利益のために行ったとしたら、その払い戻しは人間の想像を遥かに越えたものとなります。そういう意味で僕は彼らの行為を全く心配していません。僕が心配するのは彼らの行く末です。

五次元へ肉体を持ったまま入る、またはもう一度三次元ドラマを演じるために別の惑星に生まれ変わるなど、このドラマには幾つかのエンディングが用意されているようです。その選択は全て尊重されるべきものですが、ただここまで来たのだからできれば全員で天国と言われる五次元世界を目指しませんか?

魂の運命は最初から決まっているという存在もいますが、でもやってみなければわからないですよね。冷静に行く末を決めた人は良いでしょう。ただまだ決断のつかない魂については、人生最期の大逆転を狙ってもいいのではないですか?そのポイントはみんながまだ三次元にいる内の告白にあると思います。

僕たちがカルマと思っているものは僕たちを三次元に留めるために産み出した闇の策略によるものと聞いています。とすれば今それを知った僕たちはもうカルマに悩まされなくてよい事になりますね。あとは心の浄化です。そのために有効なのは告白です。心に何も残らない程の告白が次元上昇を可能にします。

これからブログがそして動画サイトが告白で埋め尽くされる事を期待します。一人の真摯な告白はそこに絡む他の者の告白を刺激します。しかし告白は聞いてくれる者がいて初めて成り立つ行為でもあります。告白を後回しにした場合、気の毒な結果が待っているかも知れないと少し脅かしておきます。Love

追伸:丁度いい機会なので僕自身の事を告白します。僕は50近くにもなって親にお金を借りようとする結構情けない奴なのです。家族を連れて異国に来ながらお金をなくしてしまい助けをお願いした所です。こんな僕でも次元上昇しようとしているのだから大丈夫。お母さんごめんなさいm( - - ) m
[PR]

by tenpapa2013 | 2013-12-17 02:55 | 世界平和

Twitterまとめ『世界の現状』   

14年前、瞑想を通じて世界の平和を祈っている時に僕は、ある劇的なインスピレーションを受け取りました。それは2013年に世界に大きな変化が訪れるというものでした。それ以来僕は、メールアドレスや電話番号などに「2013」という数字を表示させる事でこの年の重要性を周りに示してきました。

その2013年もあと半月で終わろうとしています。僕はコブラやベンジャミンフルフォード氏、高次元存在からのチャネリング情報により自分のインスピレーションに間違いがなかった事を認識していますがそのような情報はまだ一般的には知られておらず多くの方がこの変化を知らずに今を過ごしています。

僕が最初に受け取ったのは、世界が核戦争で滅びるというビジョンでした。そのビジョンが段々と和らぎを持ち始め、今では戦争を起こそうとする勢力がみな揃って逮捕されるという平和なビジョンに変わっています。このビジョンの変化は、多くの方の切なる祈りが天に通じたからだと僕は理解しています。

戦争は一部の人間が利益を得るために起こされるという事実を今では多くの方が理解している事でしょう。僕は米軍がバグダッドを占領した際のラムズフェルドの笑顔を忘れる事ができません。あの「やったぜベイビー」と吹き出しをつけたくなるような表情は絶対に解放軍のものではありませんでした。

恐ろしい話ですが、二度の大戦を含む全ての戦争は誰かの意図によって起こされています。あの世界中を焦土化した第二次大戦ですら世界支配を一気に進めるための茶番であった事が判明しています。このような計画を実行に移す事のできる彼らは人間ではありません。彼らはレプティリアンと呼ばれます。

レプティリアンと呼ばれる爬虫類型生命体の中でも低い振動数つまりネガティブな領域の4次元に住む存在たちがそのような悪さを行ってきました。これはSFではありません。過去の壁画や解読された古文書にその事実は記されており、これらの情報は世界支配層の凋落に伴い徐々に公開されています。

安心して欲しいのは悪いレプティリアンが全て地球を去ったという事実です。あるソースからは地球上のレプティリアンは8月22日に地球から一掃されたとの情報が伝えられています。この情報の真偽を確かめる術を僕は持ちませんが、僕は今どのような発言をしても彼らからの脅威を感じる事はありません。

レプティリアンにコントロールされるカバールが目に見えてその力を失っている事もその信憑性を確かめる一因となっています。実際カバールは世界中でその支配力を失っています。世界中の権力者に逮捕状が出ている事実に加え、悪魔大王と呼ばれたディビッドロックフェラーはその影を見る事もありません、

僕程度の情報収集能力でこれらの事実を確認できるのだから、水面下ではどれだけの事が起きているのか想像もつきません。ロシア政府が異星人の存在を認める発言をしたニュースはご存じですか?ロシアはもう異星人に勝とうとなど考えていません。ロシアは完全に世界のアドバンテージを取っていますね。

アイスランドでは銀行革命が成功しました。彼らは不当に利益を上げる銀行家を国から追い出し、国民の住宅ローンを免除する政策を実現しました。スイスではベーシックインカム制度の論議が始まっており、そのキャンペーンとして広場にトラック満載のコインがぶちまけられた様子が報道されています。

大手メディアは意地でも報道しませんが世界ではカバールの支配の終焉を告げる出来事が立て続けに起きています。先日は南米ウルグアイで大麻が解禁になりました。大麻は化学や製薬、石油産業の邪魔になるという理由で追放された植物です。世界で最も有益と言われる植物が権利を取り戻し始めています。

ケッシュ財団の技術も驚くべきものです。彼らは空飛ぶ車を既に完成させています。http://www.youtube.com/watch?v=oBAcRbOkS6M …
12月19日にはフリーエネルギー発電機の公開が予定されています。http://mizu888.at.webry.info/201312/article_53.html …

ケッシュの発電機を電気自動車に搭載すれば走行無限の自動車が出来上がります。これもエネルギー支配を目論んでいたカバールの凋落なしでは実現しなかった現実でしょう。またケッシュの重力場技術は東京ロンドン間を十数分で移動させる事を可能にします。これらの技術が次々と公開されていきます。

このような大変化の時にあって、僕たちは何にコミットすればいいのでしょう。まずは愛です。家族愛、友人への愛、取引先への愛、隣人への愛、何でも結構です。この時代の変化に際し愛する人がどのように臨むのかに想いをはせる事です。愛する人がこの大変化を乗り越えられるようサポートをする事です。

お互いが愛し合っていれば、自分の事を気に留める必要はありません。自分を愛する誰かが自分にとって最良のサポートをしてくれるはずです。人間は他人の事はよく見えますが自分の事はなかなか見えません。しかし愛し合う者同士が互いに愛を信頼するなら周りを気遣うだけで最良の道に導かれるはずです。

2014年はこれらの事が本当に実現化する素晴らしい年になるでしょう。その引き金になるのが「イベント」と呼ばれるものです。イベントは今年中に起きると僕は信じています。だから皆さんに伝えます。準備をして下さい。愛から離れる行為はもう賢明ではありません。これからは常に愛を選んで下さい。

愛がイベントを乗り越える事を容易にします。常に愛、愛、愛です。年末までに愛を貫き通した僕たちは、必ずや愛の奇跡を目の当たりにする事でしょう。皆さん、愛してますよ。Love
[PR]

by tenpapa2013 | 2013-12-17 02:45 | 世界平和

Twitterまとめ『Cobra』   

皆さんは地下組織コブラ(cobra)はご存じですか?コブラはイルミナティやその上位組織であるカバールの支配に対抗するために行動しています。そのコブラのサイトでイベントはいつ起きるべきかについての投票が行われています。ぜひご参加下さい。http://blog.goo.ne.jp/narudekon/e/f14dbb5e5905229a1cf8b190f5293b7a …

コブラについての説明はこのサイトが詳しく行っています。http://japan-mesameyo.seesaa.net/
このサイトはコブラからのメッセージの日本語訳がまとめられています。http://japonese.despertando.me/category/news-to-the-world-of-love-and-light/cobra/ …コブラの動きによりカバールの支配の終焉が理解できます。ぜひご覧下さい。
[PR]

by tenpapa2013 | 2013-12-17 02:37 | 世界平和

Twitterまとめ『男性原理と女性原理』   

男は黙ってサッポロビールという宣伝が昔ありました。男はああだこうだ言わずに黙ってビールでも飲め、という事ですね。僕たちは正しい事ばかり口にできる訳ではありません。間違った事を口にしたら謝らなければならない。しかし男が謝ると信用をなくす。それでこのような考えが生まれるのでしょう。

なぜ男は謝るべきでないのか。それは男の本質が「治める」事にあるからだと思います。何かを治めるためには謝るのは一回で充分です。その一回に重みを持たせるために普段謝るような事をしてはならない。感情が先走る時こそ過ちを口にする事が多い。そういう時はビールでも飲めという事だと思います。

対して女の人の本質は「波を起こす」所にあります。男は治める事が本質なので男だけでいると何も始まらない。しかし女性がいる事で世界は律動を始める事ができます。僕は女の人の魅力はやらかす所にあると思います。イノセントなやらかし、これは男には決して真似のできない芸当だと思います。

やらかすというのはひっくり返すという意味でもあります。そしてひっくり返すのが女性の魅力だとしたら、僕たちが女性に見る表面的な魅力は、彼女が本来の魅力を発揮した時にひっくり返る事になります。今見る魅力とその裏側を見てそれでもいいと思う女性とお付き合いをすれば間違いがないと思います。

治める事を本質と知る男性と一緒になった女性は、自らの本質つまり女性性を存分に発揮できます。女性性は全てを愛らしくさせるので、この女性は必然的に女性らしさに溢れた魅力的な女性となります。治めるつまり「凪」と「波」のバランスがとれたカップルが一番理想の関係であると僕は思います。

半田広宣さんの本にありましたが、イザナギとイザナミとは13の凪と13の波の事だと言います。この事は宇宙を創世する男性原理と女性原理は「凪」と「波」の事だと示しています。女性が波を起こし男性がそれを治める、そうやって宇宙は律動を繰り返しながら成長していくのだと僕は理解しています。

この原理が転倒した所にはいつまでも問題の解決しない世界が現れます。男性が波を治め切れない、つまり波を主とする関係の事です。凪があるから波があるのであって波が凪を越えてしまっては滅びの道を行く事になります。この転倒した状況を正常に戻す事は宇宙の健全な創世に力を貸す事になります。

どちらにしてもパートナーをその本質以外の点で選ぶ愚はもうやめる事です。これから僕たちは物事が意図通りになる世界へ向かいます。その世界では見かけなどいくらでも変える事ができます。まずは本質で結び付く事です。その結び付きは表面的なものを含めた僕たちの望む全てを可能にします。Love
[PR]

by tenpapa2013 | 2013-12-17 02:35 | 世界平和

Twitterまとめ『オリジナリティ』   

奴隷は長くつながれていると互いに鎖の自慢を始めるそうです。僕たちもそうですね。学校や会社、収入などを競い合いそこに優劣を見出だして満足しています。この足枷を外した所には魂が震える程の素晴らしい世界が待っているのですがそこに足を踏み入れる勇気を持ち合わせている人はなかなかいません。

ほとんどの人が自分の評価を相対的なものとして捉えています。SMAPの歌にもあるように人は皆オリジナルであり、相対的な評価などというものは存在しないのが正しいのですが、僕たちに施された洗脳は思いの外強力で他人と比べての評価をあたかも人間としてのそれと思い込む事が当然となっています。

日本人は全てを東京本社に伺い立てるというジョークがありますが、これは他者からの評価及び相対的評価を求めた先の末路であり現実においてもこれに近いマインドが形成されているという笑えない事実でもあります。実際本人の事は本人にしかわかりません。そこに他者を絡める事は全くのナンセンスです。

他者と比べての評価、他者からの評価に一喜一憂する人はオリジナリティという人にとって最も大事な資質をその都度削り取っています。そしてオリジナリティの崩壊は深刻な精神の崩壊へとつながります。一度崩壊した精神は心の繋がりが失われた現代社会において戻す事は容易ではありません。

もしこの先アホになりたくないのなら、自分の評価に他者を絡める行為はもうやめる事です。評価は自分のオリジナリティについて自分がするもので他者は自分の評価には全く関係がありません。それらの呪縛から逃れ、他者という足枷をついに外す事ができた時、僕たちは真の自由へと向かうようになります。

自分のオリジナリティを無視して他者と同一化する事ほど危険な事はありません。オリジナリティを育てる最も簡単な方法は、嫌な事は嫌とはっきり認める事です。いい事はいいと素直に認める事です。他者に関係なく自分の想いをそのままに認める事でオリジナリティは回復します。他者の登場はその後です。

報道されるニュースとは裏腹にこれから世の中はどんどん楽になっていきます。足枷が外され鎖が解かれたなら素直に牢屋は出るべきです。鎖を自慢していた人は少々バツが悪いと思いますが主人がいないのだから牢屋は出るしかありません。外の空気を一旦吸ったら牢に戻りたいとは誰も思わないはずです。

外には自分を縛り付ける他者はもういません。その自由さはオリジナリティを失った人たちには少々試練かも知れません。それでも今まで味わった事のない解放感はオリジナリティを他者に任せてきた人にすらも自由の息吹を感じさせます。そして地球に立つ全ての人が愛と共に生きるようになります。Love
[PR]

by tenpapa2013 | 2013-12-17 02:31 | 精神世界

Twitterまとめ『今何をすればいいか』   

今何をすればいいか悩んでいる方へ。まずは嫌な事をやめる事です。やめた後どうなるか心配でドキドキが止まなくなったら、できる範囲でワクワクする事をやり続ける事です。気持ちが正常に戻れば必ず解決策が見えてきます。嫌な事をやっている時のマインドでは予想もつかなかった発想が必ず浮かびます。

人間は波動です。まずは自分の波動を押さえ付けているものから解放する事。そして前の波動にとらわれないように何かワクワクする事をし続けます。ワクワクする事がなかったら心の落ち着く事でも大丈夫。自由さを感じ始めたらしめたものです。突拍子がなかろうがその方向へ進んで下さい。Love
[PR]

by tenpapa2013 | 2013-12-17 02:28 | 精神世界