【1】「和」の国日本 Japan is "WA" country   

日本食のことを「和食」、日本の着物のことを「和服」というように、日本は「和」の国と呼ばれます。
As like Japanese food is called "WA-SHOKU" or Japanese cloth like a Kimono is called "WA-HUKU", so Japan is called "WA" country.
 
「和」には、調和や平和、他に足し算の結果などという意味があります。
"WA" has the meaning of harmony and peace, also it has the meaning of the result of addition.
 
足し算の結果はもちろんそうですが、調和や平和にも一つになるという意味が含まれます。
Harmoy and peace include the meaning of becoming one, of cause the result of addition is either.
 
そのことから、「和」とはワンネス(一つになる)のことであると推察できます。
From that, it can be inferred that "WA" means oneness (to become one).
 
日本の神社に行くと「八紘一宇」と彫られた石柱をよく見かけます。
When we go to Japanese shrines, we often see a stone pillar carved as "HAKKOU-ICHIU".
 
「八紘一宇」とは、八方に広がる全世界は一つの家族であるという意味です。
"HAKKOU-ICHIU" means that the whole world spreading in all directions is one family.
 
また、日本で制定された初めての憲法である十七条憲法の第一条には、「和をもって貴しとなす」との一文がありました。
Also, in first Article of the "17 Articles Constitution" which is the first Constitution enacted in Japan, there was a sentence saying "WA is the precious".
 
これも日本人なら誰もが知っていることです。
This is everyone knows if japanese.
 
調和や平和の内にみなが一つになることが最も大事であると、そう日本人は聞かされて育つのです。
It is most important that everyone be within harmony and peace as one, Japanese people are heard so and grow up.
 
 
「和」の心は、日本人のアイデンティティです。
The heart of "WA" is the identity of the Japanese.
 
しかし、この「和」の心が日々失われているという現実があります。
However, there is a reality that this heart of "WA" is lost every day.
 
まず「和」の象徴の一つであるご近所付き合いが、あらゆる場所で激減しています。
First, the communication among neighbours which is the symbol of "WA", it is drastically decreasing in every place.
 
それに伴い、他人との関りを避ける風潮が当たり前になっています。
Along with that, the trend to avoid involvement with others is becoming commonplace.
 
例えば、人を助けるのは良いことだとわかっていても、周りから奇異に思われるのを恐れて行動できない人が少なくありません。
For example, even if they know that it is a good thing to help others, there are a lot of people who can not act, because they are afraid to think that they are strange from the surroundings.
 
「和」をアイデンティティとする民族が周りとのつながりを失ったら、自信を無くすのは当然のことです。
If people whose identity is "WA" lose the connection with the surroundings, it is natural that they lose confidence.
 
その無くした自信を取り戻そうとして、多くの日本人がお金に固執しています。
So, many Japanese stick to money for trying to regain the confidence that lost.
 
子供たちに多くの習い事をさせるのも、「和」の心の代わりになる何かを探しているからでしょう。
It is probably reason for pusing children to do a lot of lessons, because they are looking for something to replace the heart of "WA".
 
このような、昔の日本では少数の人にしか当てはまらなかったできごとが、今では日本人の総意のようになっています。
Such as the things that only happened for a few people in old Japan are now become like a consensus of the Japanese.
 
すべては、日本人が自らのアイデンティティである「和」の心を失ったからです。
And everything is because the Japanese lost the heart of "WA" which is our identity.
 
日本人が本来の自分である「和」の心を発揮できなければ、病むのは当たり前です。
It is obviously to suffer if the Japanese can not show the heart of "WA" which is their original self.
 
この現代の日本人が抱える深刻な国民病が、ムスリムと積極的に付き合うことで解消されるのではないかと僕は考えています。
However, I think that this serious national disease of Japanese may be solved by positively interacting with Muslims.
 
[PR]

# by tenpapa2013 | 2017-05-09 21:44 | イスラム教

「不良ムスリムの主張 - Assertion by naughty Muslim」   

僕は不良ムスリムです。
I am a naughty Muslim.
 
酒は飲む、豚肉は食べる、おまけに礼拝など自分のやりたい時にしかやりません。
I drink alcohol, I eat a pork, and I do salat only when I want do.
 
前回のラマダンでは断食もしなかったですね。
I haven't done fasting on Ramadan last time even.
 
僕が何かイスラム教徒らしいことをやっているとすれば、時々の喜捨とあと絶対に不倫はしないと決めていることぐらいでしょうか。
If I am doing something like Muslims, it is about the donation on sometimes and deciding absolutely to do not have an affair.
 
こんな不良ムスリムの僕ですが、僕はこの現世にもそして来世についても心配することなく生きています。
So such a naughty Muslim is me, but I live without worrying about this world(dunia) and my afterlife(Akhirat).
 
なぜなら僕は「自分自身がアッラーに無茶苦茶愛されている」ことを知っているからです。
Because I know "Allah loves me so much".
 
ムスリムにとって最も大事なのは、自分がアッラーに愛されていると信じることです。
The most important thing for Muslim is to know Allah loves oneself.
 
そしてこの自信だけは、僕は他のどのムスリムにも負ける気がしません。
And for this confidence, I do not feel like losing to any other Muslim.
 
 




続きはこちら
[PR]

# by tenpapa2013 | 2017-03-07 20:23 | イスラム教

「五次元への道(7)-The way to Fifth Dimension(7)」   

<自分の心を愛する-Love heart of oneself>


僕たちは自分の心を三次元の現実に投影して体験します。
We project our hearts to three-dimensional reality and experience it.


つまり心の数だけ三次元の現実が存在することになります。
This mean is that there will be three-dimensional reality as many as number of a state of hearts.


しかしほとんどの人は、この三次元の現実は一つしかないと考えています。
But almost people think that there is only one of this three-dimensional reality.


つまり無限の可能性を持つはずの心が、あるタイプの心に固定されているのです。
Because the heart that should have infinite possibilities is fixed as one type.





続きはこちら
[PR]

# by tenpapa2013 | 2017-02-24 11:40 | 精神世界

「五次元への道(6)-The way to Fifth Dimension(6)」   

<進化の分水嶺-Divide of Evolution>


みなさんはトランスヒューマニズムという言葉を聞いたことがありますか?
Have you ever heard the word "Transhumanism"?


これは簡単に言えば、科学技術で人間を進化させようという思想のことです。
In short, this is the philosophy of evolving humans with science technology.


例えば義手や義足の進化は、障害者の身体能力が健常者のそれを上回ることを可能にします。
For example, the evolution of prosthetic hands and feet makes it possible for physically disabled people's abilities to exceed that of healthy people.


パラリンピックの方がオリンピックよりも良い成績を挙げる-そのような時期が近づいているということです。
The Paralympic games gets better scores than the Olympics-It means that such a time is approaching.





続きはこちら
[PR]

# by tenpapa2013 | 2017-02-24 11:37 | 精神世界

「五次元への道(5)-The way to Fifth Dimension(5)」   

<悪魔との関わりを断つためには-Farewell to the Satan>


心の世界には想像し得るすべての心が現実に存在します。
In the world of heart, all the hearts that can be imagined exist as reality.


慈悲深い心や優しく親切な心からねたみ深い心や他者の不幸を喜ぶ心まで、様々な心が現実としてそこに存在しています。
From a merciful heart and a gentle and kind heart to a jealousy heart and a heart pleasing to misfortune of others, so various hearts exist there as reality existence.


一部のグループはそれらを心の振動数の違いとして表します。
Some groups explain them as differences vibration of heart.


もっとも振動数の高いのはやはり「天使」と呼ばれる存在の心でしょう。
The highest vibration of the heart is the heart of existence called "Angel" probably.


対して振動数の低い心、その中には狡猾さを伴ったとても厄介な心が存在します。いわゆる「悪魔」の心です。
On the other hand in low vibration heart, there is a very troubling heart with cunningness. It is the so-called "Satan" heart.





続きはこちら
[PR]

# by tenpapa2013 | 2017-02-24 11:35 | 精神世界