「五次元への道(4)-The way to Fifth Dimension(4)」   

<なぜ僕たちは制限のある人生を体験するのか-Why do we experience restricted life>


僕たちが、心という無限の現実を体験できる存在であることを話しました。
I talked about the fact that we are able to experience infinite reality as existence of heart.


しかし多くの人は、人生に何かしらの制限を感じて生きていると思います。
But I think many people are living with feeling some restrictions in their lives.


ではなぜ僕たちは、心という無限の可能性を持つ存在でありながら制限を体験して生きるのでしょう。
So why do we still are experiencing restrictions in our living even we are the being of infinite possibilities as a heart?





続きはこちら
[PR]

# by tenpapa2013 | 2017-02-24 11:32 | 精神世界

「五次元への道(3)-The way to Fifth Dimension(3)」   

<心の世界-Heart world>

心にはいろんなタイプの心があります。
There are various types of the heart.

明るい心、憂鬱な心、広い心や狭い心など..
Happy heart, gloomy heart, broad heart and small heart etc. .

人は暮らしの中でいろいろな心の状態を体験します。
People experience various heart conditions in their lives.

心にあるもののみを体験していると言っても過言ではありません。
It is no exaggeration to say that we are experiencing only what is in our heart.



続きはこちら
[PR]

# by tenpapa2013 | 2017-02-24 11:30 | 精神世界

「五次元への道(2)-The way to Fifth Dimension(2)」   

<四次元とは何か-What is four dimensions?>


では四次元とは一体何のことを言うのでしょう。
So what does it mean four dimensions?


まず線である一次元ですが、例えればこれは何もない平原をまっすぐに貫く一本の道のようなものです。
First regarding of one dimension that is a line, for example this is like an one road penetrating straight through the plain.


人はこの道を前後には自由に行き来できますが、左右の平原に降りることはできません。これが一次元です。
People can move freely back and forth on this road, but it can not be got down on the left and right plains. This is one dimension.


次に人は道の左右に広がる平原に降りても大丈夫ということがわかり、この平原を自由に行き来するようになりました。これが二次元認識の獲得です。
Next, the people understood that it is fine to get off on the plains spreading to the left and right of the road, then they became to move freely on this plain. This is acquisition of two dimensional recognition.


このとき人は、二次元である平原の上は自由に行き来できることを知っていましたが、彼らにとって上下とは言葉通り天と地ほど差のある全くの別物でした。
At this time, people knew that they could freely come and go over this two-dimensional plain, but for them "up and down" is totally different thing such as the heavens and the earth.


しかしその後に人は、海を含めたこの二次元平面を一周することにより地球が球体であったことに気が付きます。
But afterwards, people noticed that this earth was a sphere by going around this two dimensions plane include the sea.


そして宇宙空間に上下関係なく浮かぶ地球というものをイメージできるようになりました。三次元認識の獲得です。
And it became possible to imagine what the Earth is floating in space regardless of up and down. It is acquisition of three dimensional recognition.





続きはこちら
[PR]

# by tenpapa2013 | 2017-02-24 11:25 | 精神世界

「五次元への道(1)-The way to Fifth Dimension(1)」   

<三次元世界を体験する四次元存在-Four-dimensional existence that experience the three-dimensional world>


一枚の紙の上に二人の人物の絵が書いてあると想像してください。
Please imagine that there are pictures of two people on a sheet of paper.


同一平面上にいるこの二人の人物はお互いを線としか認識できません。(紙を横から見るのと同じです)
These two people in the same plane can only recognize each other as a line.(It is the same as seeing the paper from the side)


もし相手を絵と認識するには、相手に対して立体的な位置に視座を移す必要があります。
If they want to recognize each other as the person picture, it is necessary to move the viewpoint in a three-dimensional position relative to the other party.


つまり二次元平面上にいるときは相手が一次元(線)に見え、三次元的位置にいると相手が二次元に見えるのです。
When he is on a two-dimensional plane, the other looks like a one-dimensional (line), and if he is in a three-dimensional position then the other looks two-dimensional.


このことは、対象をある次元のものとして認識するとき自分は一つ上の次元に存在していることを意味しています。
This means that when we recognize an object as some dimension, it means that we are seeing it from one upper dimension.


そして僕たちはこの世界を通常三次元であると認識しています。
So we recognize this world as three dimensional usually.


つまり僕たちについては、四次元存在が三次元を認識そして体験しているという描写が本来は正しいのです。
That is to say, the depiction about us that the four-dimensional existence are recognizing and experiencing three dimensions is essentially right.


つづく
To be continued


[PR]

# by tenpapa2013 | 2017-02-24 11:21 | 精神世界

「キヤーマの危機感 - The sense of crisis of Qyaama」   

キヤーマというのは、イスラム教でいう人類の最後の時のことです。
Qyaama is the last time of human, Islam tells.


そのキヤーマには、二つの種類があると言われています。
And it is said that Qyaama has two kinds.


一つは小さなキヤーマつまり人間の死のこと。もう一つは大きなキヤーマ、これは前回の記事でお話した審判の日のことです。
One is a small Qyaama, that is human death. And another is a big Qyaama, This is the judgement day I told about in the previous article.


イスラム教では、このどちらのキヤーマがいつ起きても構わないよう日々を生きることが求められます。
In Islam, it is required to live their days with ready for that either of these Qyaama can occur at any time.


そうすることにより、思慮のない行動を起こす自分に待ったをかけることができるからです。
Then we can stop for ourselves to do thoughtless behavior.




続きはこちら
[PR]

# by tenpapa2013 | 2017-02-24 11:18 | イスラム教