「A time of blessing [Chapter 3] - 祝福の時 第3章」   

Then I learned about the fact that the presence called Dajjal are beginning to become clear.

その後僕は、ダッジャールと呼ばれる存在たちの姿が明らかに成り始めている事実を知りました。

Their identity is probably a group called the Cabal. (Please search for "Cabal NWO")

彼らの正体は、おそらくカバールと呼ばれるグループのことです。("カバール"で検索してください。)

Cabal is an aggregate of those who exert a negative influence on the whole world.

カバールは、全世界にネガティブな影響力を発揮する者たちの集合体です。

Government and military dignitaries, royal family, super-millionaire, such as the top of big companies and religious organizations, and it been chosen name to its members that persons everyone knows around the world.

政府や軍の要人、王室、超大富豪、大企業や宗教団体のトップなど、世界中の誰もが知る人物がそのメンバーに名を連ねます。

They has continued a lot of scheming for that all of humanity will have the will to be their slaves by our own.

彼らは、全ての人類が彼らの奴隷となる意志を自ら持つように、数々の策謀を続けてきました。

As a prime example is the brainwashing by mass media and through education.

その最たるものは、マスメディアと教育による洗脳です。

Have you ever wondered that children such as the mass of possibility will be no longer thinking only about their salary when they become an adult?

皆さんは、可能性の塊のような子供たちが大人になると自分の給料のことしか考えなくなることについて不思議に思ったことはありませんか?

How about despite we saw the tragic news in the morning wide show, then that we whole family are laughing to see a variety show in the evening?

朝のワイドショーで悲惨な報道があったにも関わらず、夜には家族みんなでバラエティ番組を見て笑っていることについては?

If you nothing to think wonder about it, then are you convinced yourself as the reason "because everyone is so"?

全く不思議に思わない人は「みんながそうだから」という理由で自分を納得させているのではないですか?

Cabal have a lot of members who are skilled professionals of the treatment of masses psychological such as psychology and marketing.

カバールは、心理学やマーケティングの専門家など大衆心理の扱いに長けているメンバーをたくさん抱えています。

Such they are familiar with the fact that the control by the mass media becomes more easy if they rob our ability of judge, in other word if they instill in us the consciousness of easily satisfied as that "because everyone is so".

そんな彼らは僕たちの判断力を奪う、つまり「みんながそうだから」と安易に納得する意識を僕たちに植え付けることで、マスメディアによるコントロールが容易になる事実を熟知しています。

All is order in us to have the will to be their slaves.

全ては、僕たちに彼らの奴隷となる意志を持たせるためです。

For example, we know the fact that only some of millionaire to own most of the wealth of the world.

例えば、僕たちは一部の大富豪が富のほとんどを所有するという事実を知っています。

But the most of people wouldn't have the will to try to improve that fact.

しかし多くの人が、その事実を改善しようとする意志を持ちません。

This is the proof that our enslavement is progressing.

このことは僕たちの奴隷化が進んでいることの証です。

A lot of people are really believed such they can not be against, and it is OK if only they and their family are fine.

そのような彼らに逆らうことはできない、そして自分と自分の家族が安泰ならそれでいいと本当に多くの人が信じ込まされているのです。

To outgrow this situation, it is essential the presence of the children who still have not been brainwashed by Dajjal, but of course Dajjal has forestalled the next.

このような現状を脱却するには、まだダッジャールに洗脳されていない子供たちの存在が不可欠となりますが、もちろんダッジャールはそのための手も打っています。

Exam education is the prime example for it.

受験教育はその最たるものです。

Though the answer may not one in some case, or it might be found new fact, but children just believe firmly the contents of the current textbooks are correct in order to pass the exam.

場合によっては解答は一つではないかもしれないのに、これから新しい事実が発見されるかもしれないのに、子供たちはただ受験に合格するために現在の教科書の内容が正しいと信じ込みます。

Then they who were the mass of possibility will behalf to the person who has the purpose is only to obtain a good education and a good income.

そうして、せっかくの可能性の塊がいい学歴を得て良い収入を得ることだけが目的の人物に成り代わります。

Children are our future, but they grow in human as wished by Dajjal rather than Allah.

僕たちの未来である子供たちが、アッラーではなくダッジャールの望む人間に育つのです。

Moreover, a lot of adults do not have noticed this fact at all.

しかも多くの大人たちはその事実に全く気が付いていません。

On the contrary, there are even tendency to be pleased with that children became quiet as losing their children likeness by study forced.

それどころか、勉強を強制され子供らしさを失っていく様子を見て子供が大人しくなったと喜ぶ風潮すらあります。

If we do such upbringing, they will begin to do childish when they are becoming adult.

そのような育て方をすると、彼らは大人になってから子供をやり始めます。

Because they are not done child firmly in their childhood, therefore they do childish incident when they became adult.

子供時代に子供をしっかりとやらせないから、大人になってから子供っぽい事件を起こすのです。

I think that adults who live in the now of the world should be keenly aware that we are doing slave of Dajjal.

僕は、今の世に生きる大人たちは自分がダッジャールの奴隷であることを強く自覚すべきだと思います。

Otherwise, we can't do such as righteous education to children.

そうしなければ、子供に正しい教育などできるわけがありません。

If it is said so, but I think that many of people wouldn't recognize to be a slave of Dajjal. So I ask those people.

そう言われても、自分がダッジャールの奴隷であると認められない人は多いと思います。その人たちに尋ねますよ。

Do you think to be happy if there is money?

お金があれば幸せになれると思いますか?

Dajjal who exercise influence to the most of the banks including the central banks and many of big companies of the world, they are certainly controlling currency and the supply of the products.

中央銀行を含む世界のほとんどの銀行と多くの大企業に影響力を行使するダッジャールは、通貨とモノの供給を確実に支配しています。

Such they can be free to raise and lower the value of our money.

そのような彼らには、僕たちの所有するお金の価値を自由に上げ下げすることができます。

So, at the time that we decide the purpose in our life as money, then we are already under the controlling of Dajjal.

つまり、お金を人生においての目的としている時点で、すでにダッジャールのコントロール下にあるのです。

At the time we do not notice it, the brainwashing of Dajjal is already successful.

それに気が付かない時点で、ダッジャールの洗脳はすでに成功しているのです。

Someone has told me. Slaves will start a boast of their chain if they are connected as long.

誰かが僕に言いました。奴隷というのは、長く繋がれていると鎖の自慢を始めるのだと。

And we who boast education, income and property are definitely the same as it.

学歴や収入、持ち物の自慢をする僕たちはまさにそれと同じです。

Actually, the consciousness which could be happy without money should be praised.

本当は、お金なしでも幸せになれる意識こそ賞賛されるべきものなのです。

And the best teacher for that is our children.

そのための最良の教師が子供たちなのです。

(Continued to Chapter 4 - 第4章へ続きます)
[PR]

# by tenpapa2013 | 2016-03-19 14:38 | イスラム教

「A time of blessing [Chapter 2] - 祝福の時 第2章」   

Initially, I had received a state of the end with the vision of the catastrophe.

当初僕は、その終末の様子を大災害のビジョンと共に受け取っていました。

But over the years, the vision has changed gradually.

しかし年を経るにつれ、そのビジョンが段々と変わってきました。

And in November 2011, I had one experience.

そして2011年の11月、僕はある体験をしました。

The state of the devil is escaping in a hurry, it was suddenly reflected clearly in front of my eyes when I was relaxing at home.

悪魔が慌てて逃げていく様子が、自宅でくつろぐ僕の目の前に突然はっきりと映ったのです。

"What's that?"

「何だ今のは?」

Then I began to examine engrossed the meaning of this vision.

それから僕は、夢中になってこのビジョンの意味を調べ始めました。

And, I had to know the fact that the presence is called such as Satan has started to disappear from this world.

そして、この世の中から悪魔と呼ばれる存在がいなくなろうとしているという事実を知ったのです。

Satan is the presence to disturb us to return to our Creator.

悪魔というのは、僕たちの創造主への回帰を邪魔する存在です。

And there is one group that try us to obedience to themselves rather than Creator while using Satan well.

そして悪魔をうまく使いながら、僕たちを創造主ではなく自分たちに従わせようとするグループがいます。

And this group is called Dajjal(False Messiah).

このグループをダッジャール(偽メシア)と呼びます。

Dajjal is behaving as themselves are the presence of goodness, also to brainwash us for that way.

ダッジャールは、彼ら自身が善の存在であるかのように振る舞い、また僕たちをそのように洗脳します。

And in the end, it is planned that mankind to choose the obedience to them by our free will.

最終的には、僕たち人類が自由意志によって彼らへの服従を選択するよう計画は進められています。

When the end of the world, people greet the time with believe them as God rather than Allah and it is their greatest hope, also it is their significance of existence given from Allah to them.

世の終わりの時、人々がアッラーではなく彼らを神と信じてその時を迎えることが彼らの最大の望みであり、アッラーより彼らに与えられた存在の意義なのです。

So why has Allah given such a role to them?

ではどうしてそのような役目をアッラーは彼らに与えたのでしょう。

It is because us to really understand the greatness of a thing that we have free will.

それは僕たちが自由意志というものの偉大さを本当に理解するためです。

Allah has given to mankind the power that our will is realized.

アッラーは、意志が実現化する力を僕たち人類に与えました。

At the same time, Allah has given to us the freedom of the will which can deny even Allah also.

同時に、アッラーすらも拒否することのできる意志の自由さも人類に与えました。

As a result, we can learn what is along the will of Allah and what is not so.

それにより、人類は何が創造主の意に沿い何がそうでないのかを学ぶことができます。

The will of Allah in other word the truth that all is one, if we ignore it then the perishing must be coming to us one day.

創造主の意、つまり全ては一つであるという真理を無視するならいつか必ず滅びがやってきます。

And by this experience of the perishing, mankind will learn how much our free will is powerful, also how to use it well.

その滅びを身をもって体験することで、人類は自由意志というもののパワフルさそしてその使い方を学ぶのです。

For that, Satan or Dajjaru have been allowed to exist.

そのために悪魔やダッジャールは存在させられているのですね。

Quran and Bible is telling us that people will bisect at the time of the end of the world.

クルアーンや聖書は、世の終わりの時に人々が二分することを告げています。

One is who toward to Allah which is a truth that all is one, and another one is who is going to an illusion that everyone fall apart.

アッラーという全ては一つであるという真理に向かう者と、みながバラバラという幻想に向かう者です。

It could say also that who follow real Messiah and who follow false Messiah.

本物のメシアに従う者と、偽のメシアに従う者という言い方もできます。

Probably the former knows the fear of perishing, the latter will know it from now.

おそらく前者は滅びの恐怖を知っており、後者はこれからそれを知るのでしょう。

The vision of Satan is going to disappear which I saw, I think it was telling that this world is recognised by me had already away from a timeline which still have possibility of perishing.

僕の見た悪魔がいなくなるビジョンは、僕の認識するこの世界が滅びの可能性の存在するタイムラインから離れたことを伝えていたのだと思います。

It also means that this world has finally turned to toward the eternal bliss of Allah is waiting.

それはまた、この世界がアッラーの待つ永遠の至福に向けていよいよ舵を切ったことをも意味します。

I've found very clearly what is to happen at this time.

僕はこの時に何が起きようとしているのかはっきりとわかりました。

End by a catastrophe is the happening that people toward perishing would experience, and End like a no trouble at all also exist at the same time.

大災害による終末は滅びに向かう人々が体験する出来事であり、例えば全く苦労のない終末というものも同時に存在しています。

So it will have changed the reality to experience by whether our own consciousness to access to any vision.

そして僕たちが、自分の意識をどのビジョンにアクセスさせるかによって体験する現実が変わってきます。

Exactly, the realization by our free will is going to be achieved in the prophecy as expected in this aspect which is asked the perishing and evolution of the entire human race.

まさに、自由意志の現実化が人類全体の進化と滅びを問うこの局面において予言どおりに達成されようとしているのです。

(Continued to Chapter 3 - 第3章へ続きます)
[PR]

# by tenpapa2013 | 2016-03-19 14:36 | イスラム教

「A time of blessing [Chapter 1] - 祝福の時 第1章」   

Did you notice that my profile photo has changed?

最近僕のプロフィール写真が変わったことに気が付きましたか?

That is the state of the Japanese traditional event called "Setsubun".

あれは節分という日本の行事の様子です。

In Japan, we do the event to ward off demons on February 3 in every year.

日本では、毎年2月3日に鬼を追い払う行事を行います。

Saying "Oni wa soto (Demons outside), Fuku wa uchi (Good fortune inner)" and throw the beans roasted.

「鬼は外、福は内」と言いながら炒った豆を投げるのです。

At home has small children, father usually dressed as a demon and kids throw the beans to him. That photo is a state at that time.

小さい子のいる家では鬼に扮したお父さんに子供たちが豆を投げつけます。写真はそのときの様子です。

And finally, everyone will eat the fallen beans the amount of their year.

そして最後にみんなが、落ちた豆を自分の年の分だけ食べます。

In Japan, we had been praying for health and peace of the family of the year by doing this event.

日本では、この行事を行うことで家族の一年間の健康と安泰を祈ってきたのですね。

In fact, I don't conduct work other than to upload the articles and to respond to the message in this Facebook.

実は、僕はこのFacebookでは記事をアップロードすることとメッセージに返答する以外の作業は行っていません。

The all other works are done by my wife.

後の作業はみな僕の奥さんが行っています。

The other day, I was noticed that my profile photo is changed without my knowing.

先日、僕は自分のプロフィール写真がいつの間にか変わっていることに気が付きました。

So, I had asked to my wife why the photo has been changed, then I got an answer such as the following.

そこで、どうして写真を変えたのかを奥さんに尋ねると次のような返答が返ってきました。

"Everyone doesn't understand what Nobu-san want to do actually. Therefore I changed to this photo with meaning of 'soon run away from him'."

「みんなのぶさんが本当は何をしたいのかわかってないでしょ。だから”早く逃げてー”って意味でこの写真にしたの。」

So, why does my wife want to convey escape from me to everyone ?

なぜ、僕の奥さんはみんなに僕から逃げるように伝えたいのでしょう?

It is because herself wanted to run away from me on many times.

それは彼女自身が何度も僕から逃げ出したいと思ったからです。

I think that she hopes everyone could understand the feeling of staying together with who is wishing Judgement day would come soon.

世の終わりの時、つまり最後の審判が少しでも早く来ることを願う者と一緒にいるとはどういうことかをみなさんにもわかってもらいたいのだと思います。

Earlier I lived with thinking only myself to be enjoying.

以前の僕は、自分が楽しむことばかりを考えて生きていました。

But since it was sometime, I started to hope the peace of the world very keenly.

しかしある頃から、世の中の平和というものを痛切に願うようになりました。

And one day in 1999, I had received a revelation from the presence that I only could think it's God.

そして1999年のある日、僕は神としか思えない存在から啓示を受けました。

And it was that mankind will encounters with God in 2013.

それは、2013年に人類は神と出会うというものです。

In other words, what is called Judgement day will occur at this time.

言葉を変えれば、最後の審判と呼ばれるものがこのときに起きるということでもあります。

Then of I have been telling this revelation to people who all I met.

その後の僕は、出会う人みなにこの啓示を伝えてきました。

And of course. there were almost no people would understand it.

もちろん理解してくれた人はほとんどいませんでした。

(Continued to Chapter 2 - 第2章へ続きます)
[PR]

# by tenpapa2013 | 2016-03-19 14:35 | イスラム教

「Merciful Allah - 慈悲深きアッラー」   

The existence is called Hero, they are not admired if it's only strong.

ヒーローと呼ばれる存在は、ただ強いだけでは憧れの対象にはなりません。

When they have merciful heart with their strength, they will be admired as Hero.

強さに加えて慈悲の心を持つときに、彼らはヒーローとして賞賛されます。

The natures of the Hero is strength and merciful.

ヒーローの資質とは、強さそして慈悲深さです。

So in that meaning, Allah must be the biggest Hero for us.

そういう意味では、アッラーこそは僕たちの最大のヒーローとなりうる存在です。

But why Allah is not the biggest Hero for especially our children?

それなのにどうしてアッラーは、特に子供たちにとっての最大のヒーローではないのでしょう?

Children easily can believe good story, and they spread it so well.

子供はいい話はすぐに信じ、そしてすぐにそれを広めます。

So it's no wonder that if Allah is the biggest Hero of all of children in this world, but why it wouldn't be so?

それならば、世界中の子供たちにとってアッラーが最大のヒーローであっても全く不思議はないのに、そうなっていないのはなぜでしょう?

I think it's because mercifulness which is the greatest essence of Allah is not told to them well.

それは、アッラーの最大の特質である慈悲深さが彼らによく伝えられていないことが理由であるように思います。

If Allah is the full of merciful, that is this universe itself is the full of merciful also.

アッラーが慈悲溢れる存在であるということは、この宇宙そのものも慈悲に溢れているということです。

And if this universe which is surrounding us is the full of merciful, then what problems do we need to have?

そしてもし自分を取り囲むこの宇宙が慈悲に溢れているとしたら、僕たちにとって一体何が問題となるのでしょう?

The problem is our mind which is unaware of the mercy of the universe or Allah.

問題なのは、宇宙やアッラーの慈悲に気付かない自分の心ですね。

When we are blaming the problem for someone, we are forgetting that Allah or the universe is surrounding us is the full of mercy.

僕たちが問題を誰かのせいにするとき、アッラーがつまり僕たちを取り囲む宇宙が慈悲に溢れていることを忘れています。

For who faith Allah, the problem will not happen as someone's blame.

アッラーを信じる者には、誰かのせいによって問題が起きるということはありません。

Because they know that everything is happening as Allah's plan.

なぜなら彼らは、全てはアッラーの計画によって起きていることを知っているからです。

Why our children don't think Allah is the most Hero for them, because we adults do not tell to them mercifulness of Allah to first.

子供たちがアッラーをヒーローだと思わないのは、僕たち大人がアッラーの慈悲深さを第一に伝えていないからです。

Children, they love kindness such as represented by the mercifulness.

子供は慈悲深さに代表されるような優しさが大好きです。

Even to say that he created all or he is omnipotent, but children couldn't love him if he doesn't have kindness.

いくらすべてを創造したといっても、いくら万能だといっても、優しさがなければ子供は好きにはなれません。

Therefore the word is "merciful Allah" dive into our eyes when we open Quran first.

だからコーランを開けばまず「慈悲深きアッラー」という言葉が目に入るようになっています。

It would be told for that everyone even including children could love Allah.

それは子供たちを含む皆がアッラーを愛することができるようにそう伝えられるのですね。

Why it was told that Allah should be awe, because it probably avoided people to be halfhearted for their faith by emphasizing of Allah's mercy.

アッラーが畏怖すべき存在だと伝える必要があったのは、アッラーの慈悲深さを強調することで人々が信仰にいい加減になってしまうのを避けたかったからでしょう。

Actually it would happen everyone to do anything with thinking of forgiven for all, if just mercifulness of Allah has been told.

確かにもしアッラーの慈悲深さだけが伝えられたなら、許されると思って皆が好きなことをやってしまったかも知れません。

But adult aside, the children are creature that do not betray never the people who yearn of their own.

しかし大人はともかく、子供とは自分の憧れる人を決して裏切らない生き物です。

Even if they do thoughtless, they will return to be correct of them after, because they naturally know fear of to be alone.

たとえいい加減なことをしても、後に彼らはそれを正そうとします。彼らは一人になることの恐怖を本能で知っているからです。

For forgiveness from Allah by his mercy, we need to return to Allah.

アッラーの慈悲による許しを得るには、アッラーの御許に帰らなければなりません。

And that is the return to Allah who knows everything of us, it face to our conduct up to it.

そして僕たちの全てを知るアッラーの御許に帰るということは、それまでの自分の行いに向き合うということです。

Even how much Allah is merciful, or because Allah is so merciful therefore we will need to recognize truth of oneself honestly.

アッラーがどれだけ慈悲深いといっても、いやアッラーが慈悲深いからこそ自分の真実を素直に認めなければならなくなります。

If we did not return to Allah to ignore the warning, in other word if we had remained out of order of our universe, it's told by Quran, Bible and Various lore that we will perish surely.

警告を無視してアッラーの御許に帰らなかった場合、つまり宇宙の秩序からはずれたままでいた場合は必ず滅びることがコーランや聖書、いろいろな伝承によって伝えられています。

So what we should be awe truly is the fear of deviating from the order of our universe, the power of free will given to man which could choose to be the world without Allah even.

僕たちが真に畏怖すべきは、宇宙の秩序からはずれることの恐怖、アッラーのいない世界をも選択できてしまう人間に与えられた自由意志の持つ力なのです。

In Allah, all beings such as microorganisms or plants or animals exist with the harmony.

アッラーの元では、微生物から植物、動物、すべての存在が調和を持って存在しています。

And only human beings with a free will can deviate from its harmony.

そして自由意志を持つ人間だけが、その調和からはずれることができます。

Recently I have heard the story from my brothers and sisters that is a lot of Muslim seem like a not Muslim.

最近兄弟姉妹たちからムスリムらしくないムスリムが増えているという話をよく聞きます。

I think it's told because such as they seem as deviating from harmony of Allah.

そのような彼らはアッラーの調和からはずれているように見えるためにそう言われるのでしょう。

I have been a question from them how we can wake up their eyes.

僕はどうすれば彼らの目を覚ますことができるのかと質問をされました。

And for it, we live as present of merciful first, then we show that state to people around.

それにはまず僕たちが慈悲深い存在として生きること、そしてその姿を周りに見せることですね。

Surely from now on, it will happen the things which us to understand how the world with no Allah is terrible.

おそらくこれから、アッラーのいない世界がどれだけ恐ろしいものかを理解するような出来事が僕たちの身に起きます。

And actually it already happened such as airplane disappear suddenly or appear unknown pathogen one after another.

実際、飛行機が突然消えてしまったり、未知の病原菌が次々と現れたりとそれはもう起きています。

But if we strongly have faith in Allah, in a word if we know everything is created by merciful Allah, then we can believe it is reaching mercy of Allah to these sufferers.

しかし、もし僕たちがアッラーへの信仰を強く持っていれば、つまりすべては慈悲深いアッラーによる創造だということがわかっていれば、被害に会われた方々にもアッラーからの慈悲が届いていることを信じられます。

And people who can't believe mercy of Allah, they will be overwhelmed by a sense of their own helplessness on every time something happens.

そしてアッラーの慈悲を信じられない人は、これから何かが起きるたびに自分の無力さに打ちのめされます。

Then they look at us who are living as calm and merciful even in the confusion, and certainly they will ask us why we could be so.

これらの混乱の最中にも落ち着いて慈悲深く生きる僕たちを見た彼らは、どうしてそういられるのかと必ず尋ねてくるでしょう。

Then many of people begin to believe in mearcy of Allah again.

そして多くの人が改めてアッラーを信じ始めます。

Some people who still doesn't want to believe in mercy of Allah even this, they continue to fight with illusion that the world without Allah in a word is merciless of themselves.

それでもアッラーが慈悲深い存在であると信じない人は、アッラーのいない世界という幻影つまり自らの無慈悲さと戦いを続けます。

The state has continued to this fight is called Hell.

この戦いを続けている状態のことを地獄といいます。

And this Hell continues until the time to seek a sincere salvation from them by tired of fighting.

そしてこの地獄は、戦いに疲れ心から救いを求めるそのときまで続きます。

It is the result of that we had forgot that we are creation by merciful Allah is also a part of this merciful universe. And this occurs surely to all people.

これは自分が慈悲深きアッラーの被創造物であること、慈悲深き宇宙の一部であることを忘れてしまった結果です。これはすべての人たちに必ずおきます

So we definitely don't need to worry about who is behaving as ignoring Allah. Because everything is planned of Allah.

僕たちは、アッラーを無視したようなふるまいをする人たちについて悩む必要は全くありません。全てはアッラーの計画通りです。

It than, as to be the hope of light for them who will realize it one day, we may start to embody ourselves to be merciful which is the greatest of the essence of Allah from now, I think it is the most helpful for their relief.

それよりは、いつか気付くであろう彼らの希望の光となるように、今からアッラーの最大の特質である慈悲深さを自ら体現し始める、それこそが彼らにとっての最大の救いとなるように思います。

Assalamu alaikum

皆さんが平安でありますように
[PR]

# by tenpapa2013 | 2016-03-19 14:33 | イスラム教

「Believing of Allah loves us unconditionally - アッラーは僕たちを無条件に愛していると信じる」   

The other day it was happenned in Pakistan, the boy is convinced that he was blasphemy Allah cut off his arm, and his parents and neighbours has blessed his act.


先日パキスタンで、アッラーを冒涜したと信じ込んだ少年が自分の腕を切り落とし、それを両親や近所の人たちが祝福したという事件が起きました。


When I heard this story, I couldn't understand why adults around of him did bless to him.


この話を聞いたとき、なぜまわりの大人たちが彼を祝福したのか僕には理解できませんでした。


But after that I understood that if they see a boy already cut his arm, then there was no choice but to bless, probably.


しかし後になって気がつきました。もし少年が既に腕を切り落としたのを見てしまったら、もう祝福するしか選択の余地がなかったであろうと。


If they blame something on that situation, then they would give despair of irreparable.


もしその状況で何かを非難したら、取り返しのつかない絶望を与えることになるからですね。


So for rewarding their painful efforts, we can learn one thing from this happening.


この彼らの痛ましい努力に報いるために、僕たちはこの出来事から一つ学ぶことができます。


And it is whether we are able to blaspheme Allah really.


それは僕たちにはアッラーを冒涜することが本当に可能なのかということです。


Allah is the existence of omnipotent and the most merciful, and infinite.


アッラーとは万能で最も慈悲深い無限の存在です。


So even if we blaspheme such a Allah, then what the trouble Allah will have.


そのようなアッラーを冒涜したところで、一体アッラーは何を困ると言うのでしょう。


We blaspheme Allah, it is probably the same as we spit to the sea and sea will not be contaminated with such a thing.


アッラーを冒涜する、それはおそらくは海に向かって唾を吐くのと同じことです。海はその位のことでは汚染されません。


It is not for Allah, it is oneself's trouble as embarrassing of that we haven't understood thought of who most loves us.


それはアッラーではなく、最も愛してくださる方の想いを理解していなかった恥ずかしさに自分自身が困ることです。


Contrary, I think it is the big blasphemy that we think it's possible merciful and omnipotent Allah would be bothered or hate us.


逆に、慈悲深く万能なアッラーが気にしたり憎んだりすると考えることこそ大きな冒涜ではないかと僕は思います。


Would be Allah's love conditional?


アッラーの愛は条件つきでしょうか?


I think it is definitely not. If it is, then Allah never gave us the opportunity is forgiving, but Allah is always forgiving us.


僕は絶対に違うと思います。もしそうならアッラーは僕たちに許しの機会を与えません。しかしアッラーは常に僕たちのことを許しています。


Allah loves us unconditionally, just we haven't evolved to be that, therefore I think that Allah told us some rules for us to be better.


アッラーは僕たちのことを無条件に愛しています。ただそれだと僕たちが進化しない、そのために僕たちが良くなるためのいくつかのルールを伝えたのだと僕は思います。


It is the same thing as our good father is.


これは良い父親と一緒です。


A father who has inner strength and deep affection never hate children however children does naughty.


内面の強さを持ちそして愛情深い父親は、子供たちがどんないたずらをしようとそれで彼らを憎むことはありません。


Because he knows children never win to their father's seriousness.


なぜなら彼は、子供たちは父親の本気には決して勝てないことを知っているからです。


He sometimes shows his anger to his kids, but it's because by considering of their future.


彼は時々子供たちを叱りますが、それは彼らの将来を思ってのことです。


If kids show their understanding, then father surely would show his smile.


もし子供たちが理解を示したなら、父親はきっと笑顔で応えるでしょう。


Because a good father's hope is only his kids to have good life.


なぜなら良い父親の望みは、彼の子供たちが良い人生を歩むこと、それだけだからです。


This time, Pakistan boy and adults around of him gave us an issue of thinking about blasphemy Allah.


今回、パキスタンの少年とその周りの大人たちはアッラーへの冒涜について考える機会を僕たちに与えてくれました。


And I hope that Allah give a lot of bless for them who had very painful experience.


そして僕は、アッラーがとても痛ましい体験をした彼らに多くのご加護を与えてくださることを願います。


And I hope many of you to learn from this happening for Allah who has to create this tragedy would return smile to us.


そしてこの悲劇を創造するしかなかったアッラーが僕たちに微笑を返してくださるためにも、多くの人がこの出来事から何かを学ぶことを望みます。


Assalamu alaikum


皆さんが平安でありますように
[PR]

# by tenpapa2013 | 2016-01-30 20:15 | イスラム教